自由度のなさ、操作性の悪さで最悪級 メタルギアソリッドピースウォーカー

一応記録しておく事にしよう。

この時期にMGSシリーズのなにかを遊ぶというのは5the phantom painに向けての事なのは間違いない。

何故これをやったかというと一応話が続いている中でPWだけが途中でやめていたから、ということ。次に出る5TPPが完全にPWの続きということもあり、やらずにはいられないと思ったから。

思い入れはハッキリ言ってそれほどないけど一応シリーズは遊んでいて、ナンバリングは1から4を遊んだ、因みに好きな作品は1と4。

再開しても以前の事は忘れていたので最初からやってみたけど、確かにPSPのゲームである事を考えると映像面、システム面でもクオリティは高い。

が、当時やめた理由は覚えていないけど、今も当時と思った事は変わらないのかな、と。正直ステルスゲームとしては全く面白くない。

操作性が悪く、マップは窮屈、その為みつかってしまうと隠れる手段が少なく、どうしても乱戦になってしまう。

わりとしつこく追いかけてくるもんだから、中々警戒が解除されないし、戦ったら戦ったで、こちら側は当然脆いので死ぬ。死んでリトライするとなると平気でそのステージの最初からに戻る事になり、10分くらいなら平気で逆戻り。

少ない余暇でやるにはあまりにも仕様的にキツイためプレイ続行を断念したのだった。敵の兵士を回収して自分の武器などを強化していくシステムはRPGみたいで楽しい部分なんだけど、評価点は逆に言えば本当にそこくらい。

5TPPの為にと思って始めたけど、やはりダメでしたという記録。

5TPPには上記の回収して強化というのはあるようだし、E3動画を見ても自由度というのは売りにしているし、パートナーがいたり、私が好きなリモコンミサイルがあったり、マップは広いのでステルスゲームをするには不便のないような感じに見受けられる。

私の好きなステルスゲームでは現在のところスプリンターセル ブラックリストなんだけど、それを塗り替えてくれる事を本当に期待したい。

私はスポーツゲームを買わないので、次の5TPPの購入が今年4月に全(非スマホ)ゲーマーに喧嘩を売ったコナミのゲーム購入最後になることになるだろうけど、企業態度を改めて貰いたいもの。
スポンサーサイト

ダメな部分は掻き消された DUNAMIS 15

最後までクリア。

アフターストーリー等があるけど、本編で満足するのに充分だった。

ひとつだけ個人的に気に入らない部分があったけど、それ以外は面白すぎるくらいに面白かったのでかき消されるという感じ。レビューなどを読んでいるとやはり皆んな最後だけが不満という人も多いみたいだ。

あとは選択肢が少なすぎるとか、話が変わるような分岐が一切ない為一度遊んだら終わりという部分に不満があるようだけど、そういうところはあまり気にしないので私はこれでいい。

絵も綺麗、音楽もいい、配役もいい、話も面白い、素晴らしかった。

一番お気に入りのShining of hope


奇妙な部分で流れる音楽、この音楽はかなり奇妙だが変な音も含め全てギターで演奏されていると思われる
ピックスクラッチ、弦留め部をカリカリ鳴らすなど巧い使い方だ。


絵は本当に綺麗。こんなにどの一枚絵も気に入ったのは色々と遊んだ中でも初めての事。絵師の名前は長浜めぐみ氏。

音声の録りミスが何点かあった。クラナドで抗えるなら、をあがらえるならっていうように、自分で自分が許せねえって部分を自分が自分で許せねえとか、そういう些細な部分があったのはミスってあるんだなって思ったりもした。

配役も時代を感じた部分、最後の声優コメントでも、丹下桜氏がこの時期にギャル役って!というように、最後までそういう部分があった。ゲームを締めるグランドエンディングテーマが20年ほど前には紅白歌手の田村直美氏が浜崎あゆみ氏のような歌を歌っているなど何から何まで面白い作りだった。

今後の懸念はロードのみ DeadRising3

デッドライジングシリーズ3作目。このシリーズプラットフォームはごちゃごちゃだけど、3を買うことで全て揃った。1はXBOX360、2はPS3、2ORはPC、そして3もPC。

1作目のときはあまり面白さがわからなかったこのシリーズ。画面の見た目はゾンビが大量にいる無双的ゲームのように思えるけどシビアな難易度や実はゾンビは最初からのときはなかなか死なないこと、そしてなによりロードの長さが問題だった。3にしてステージ切り替えのない完全なオープンワールドを体現しているけど、1や2の当時はオープンワールドっぽい、自由度の高いアクションゲームという感じでありました。

2にして面白いと思わなくてもやり続ける、ということをモットーにしてプレイしてみたところ、実はかなり面白いことがわかったのだった。舞台を走り回りながらメインのミッションを進めつつ、どんどん時間経過などにより登場するサブミッション。そしてキャラクタの成長による徐々に無双化という部分。やればやるほど旨味が出るゲームという感覚を掴んだものの、そのままにしていたこのシリーズ。

2ORも、3も以前のsteamサマーセールにより購入。3は購入して遊ぼうにも数十ギガバイトのデータDLが必要なことや、ゲーム自体が非常に重く、環境を満たしていても重い状態だった。あきらめようかと思ったけど、一応調べてみるとオプションである項目をoffにすれば快適になるということでやってみると本当に重さがなくなった。それをoffにするまではムービーシーンは2,3秒ほどコマが止まるレベルだったのだ。

そして遊び始めた。グラフィックの設定はまだキチンと行っていないので、並レベルではあるのだけどゲームとしてはやはり面白いものでして、2から導入された武器と武器を組み合わせて強力な武器を作るコンボ武器だけでなく、コンボ乗り物で比較的序盤から条件さえ揃えば無双可能という具合に爽快感を適度に感じられるような作りは好印象だ。前世代機以上に立ちふさがる大量のゾンビを轢くのは楽しい。ミッションなどの登場の頻度も高く。メインをやらないと、と思いつつも近くにあるから向かってみよう、というような感じでついつい走り回ってしまう。今回は前述したとおり完全なオープンワールドであり、最初のロードが終わればノーロードなのでそういうところでもストレスがかからない作りになっている。

今回はレベルで成長というよりも、RPG等で見受けられるレベルでポイント贈呈というシステムになっていて、好きな成長をさせることが出来る。序盤なので、武器の強度アップに費やしているけど、どれもこれも魅力的な成長部分となっている。

2で登場したコンボ武器、2では特定箇所でしかコンボ武器を作れない、というような感じだったと記憶しているけど、3では主人公が修理屋なので組み合わせる武器が揃っていればどこでも作れるというようにここでもストレスを感じない作りになっている。

印象的なサイコ(ボス)の存在も健在で、狂気を感じるものもいる。

懸念点はタイトル通りロードだ。当然最初に長いロードが入るわけですけど、それは1分近くはロードしているのではないだろうか。正直ロードでやめた1があるため、自身にとってはロードは大敵だとおもうので、もう少しどうにかして欲しかったものである。

WS000564.jpg
もっとゾンビの居る場所で走り回りたいもの

WS000495.jpg
WS000696_20150711133446b7f.jpg
自社の作品の遊び心は忘れないところもポイント

良作度高まる デュナミス15

現在4章。すごい面白い。なんというか萎える要素がない。

章が変わるというのは、主観が変わる時に発生する。ネタバレになるけど、つまり主人公がどんどん変わっていく。

今は四人目の主人公。

基本は同じ展開の話がどんどん変わりながら何度も繰り返される。

正直なところ、二章は最後の方まで一章とほぼ同じで流石に眠かった…主人公が変わる(視点が変わる)といっても、一章で一章の主人公と密に接していたキャラだし、少し知らない展開が変わるとはいえ、大筋は変わらない。

しかし、そこを抜けたら三章。またか…って思ったところはかなりあった、が、そこから始まった新しい展開の話では新キャラ登場や、今までとは違う話の展開があった。

三章からは話がループしている、というのを把握した上で主人公は動き出す。それまでは、あれ?これデジャヴ?のようにキャラがなんとなくでしか感じていない。

そんな三章では過去の各章の中盤で友達グループの中の二人が政府に必ず日本に連れていかれるという体で、行方不明になり。恐らく殺されており、終盤で自分たちは友達に殺されるという結末を解決しようと動き出す。

そこからの展開はまた怒涛の展開であり、のめり込まずにはいられない。寧ろ今からが一番面白くなりそうなところである。

政府の目的はなにか?デュナミスベースとは?日本とは?日本から来た日本人はなんの意味があるのか?何故ループするのか?世界は一体どうなっているのか?

謎ばかりであるけど、今まではやられるばかりの展開であったのが、反撃に出そうな展開であります。

そんな中登場人物たちの存在意義がわかってきた。名前にヒントがあった。

高槻東吾(タカツキトウゴ)
倭一花(ヤマトイチカ)
後藤真波(ゴトウマナミ)
陸七生(オカナナオ)
仁和菓(ニワコノミ)
市井夏來(イチイナツキ)
白大輔(ツクモダイスケ)

何れも変わった漢字を使っている中に共通点があり、少し考えればわかりそうなものであったけど盲点をつかれた感じでありました。

ゲームのキャラ名は変わっている、という部分をうまく使っている。

これから先の展開は、場合によっては「ないわー」となる可能性はある。

のだけど、最近やってきたタイトルの古色迷宮輪舞曲はともかく、ルートダブルなんかと違ってここにくるまでも様々な部分で納得のいく、というべきなのだろうか、とにかくやっていて、違和感を感じない。
ルートダブルなんかは話自体は面白かったのだけど、はっきり言って設定や話の展開としては全くといっていいほど感心させられたものではなかった。

デュナミス15には絶大な信頼を置いている。それほどまでに優れたノベルゲームなのだ。
Raptr Forum Signature
プロフィール

Author:uni0207
HN:うに

主にゲームではRPGを好む
最近はJRPGだけでなく
WRPGなども毛嫌いすることもなく
雑食的に楽しめているゲーム好き
ブログについて

最新記事
最新コメント
ツリーカテゴリ
月別アーカイブ
お気に入りサイトRSS
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
CustomCategory
TweetsWind
TweetsWind