スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボス戦のあり方が心地よい 東方の迷宮2

RPGにおけるボス戦とはどうあるべきだろうか。

単純に雑魚敵のようなノーマルな思考、行動をするがパラメータが高いボス、仲間を従えているボス、ユニークな行動パターンをするボスなどなど、さまざまなボスがいるだろう。しかし、ユニークであればあるほど、プレイヤーの行動のパターンはパターン化されるのではないだろうか。

東方の迷宮2は軸のシッカリしたコマンドRPGだ。

雑魚敵の強さもさることながら、エリアの階段を守るボスの強さはそのどれもが恐ろしいほどの強さだったりする。既に9時間近くプレイしていまして、5階から6階に上がる際に戦ったボス
toho2.jpg

まず、このゲームにおける攻撃方法は基本的に通常攻撃はゴミのような扱いを受けているので、ほとんどMPを消費したスキルによる攻撃になる。そのスキルには殆どの場合付加効果が付いていて、それが基本的には優位に働くのだが、このボスは状態異常や、パラーメータを下げられると、反撃してくるという特性がある。

ほとんどの攻撃に付加効果が付いているこのゲームでは、ついていないスキルでしか攻撃できないわけだ。つまりこれは先述した、プレイヤーの行動を縛るカタチになっている。が、しかし、MPのポイントを見てもらいたい。MPはHPに比べ、非常に少なく、ものすごく燃費が悪い。これは殆どどのキャラもだ。大体3回ほど使うと、燃料切れになる。そこで集中というMP回復と、交代という仲間の入れ替えのコマンドでMPを回復するのだけど、これがうまい具合に作用している。

HPもあるといってもぶっちゃけていうと、ボスの場合は対策していないと一撃死か、2撃死である。もうつまり交代はしまくらないといけない。そこで所謂、このボスにはこれをしておけばいい作戦はうまく作用しないのだ。魔法が弱点のボスなら回復役が回復をまわしながら、魔法役を優先的に行動させるなどという典型的なコマンドRPGの陥るパターンにはならない。

しかしながら、RPGなのでパラメータの成長をさせると結局は勝ててしまうので、30回ほど負けた後は素直に強化しすぎたかな?と思えるくらいまで成長させれば余裕になってしまった、というのは少し残念だった。それを抑制するために、一応このゲームにはチャレンジLVというのが設けられていて、パーティの平均レベルがチャレンジレベル以下である状態で討伐するとご褒美がもらえるというシステムがあるので、基本的にそれを使ったほうがいいのだけど。

交代というシステムをうまく取り入れて昇華しているこの作品。同人作品とは思えない良作に感じる。

メガテン4よりも面白いギアドラ、東方の迷宮2
何故にメガテンの戦闘は凋落してしまったのだろうか?
スポンサーサイト

二人目も少し鬱 グリザイアの果実

グリザイアの果実の、みちるルートをクリアした。

以下、ネタバレを含む。

天音ルートを終えて グリザイアの果実

天音ルートを終えた。




続きはネタバレを含むので注意。

まだまだ甘いこの果実、そろそろ味の変化が欲しい グリザイアの果実

グリザイアの果実を我武者羅にやっている。前回の記事ではキャラクターの紹介をしましたが、天音ルートに入った。共通ルートから、そこに入るのは、なんてことはなく、そのタイミングの選択肢で、天音を選ぶ選択をすれば、それに入れる。共通ルートは長くおそらく10時間程度はかかっている。

このゲーム、とても面白い。実に面白い。最近やったギャルゲーの中でもテキストセンスやキャラクタの立ち方はずば抜けている。ぶっちゃけていってしまうと声をだして笑ってしまったくらいに面白い。

しかし、そんなこのゲームにもかゆいところはある。共通ルートが長い事だ。ただ長いだけならいいのだけど、ひたすらに甘いのだ。何が甘いのかというと生活がだ。

共通ルートは主人公が女子5人のいる学園にやってきて、所謂ハーレムの状態で話は進みますが、あまりにも茶番すぎて少々疲れてしまう。この話いるの?というようなのも多く、楽しいのは楽しいが、ちょっとメリハリがないという意味では残念だ。

主人公(という皮をかぶったライター)が、冒頭で○○は××だ。これは本当の意味では△で、□の使われ方は本当は間違っている、というようなウンチクをたれ、知識をひけらかして、それに当てはまるようなちょっとした話が始まる。これがひとつの単元として15分くらいあるのだけど、いくらなんでもありすぎる。しかも始まりかたは、ほぼこのパターンである。

その数60個ほどあるのだ。

タイトル画面からこのゲームのボリュームを知ることが出来る。シーン回想モードとして、その単元として、一度見たものは、もう一度簡単に見ることが出来るようになっていて、共通ルートで60弱。
それぞれのキャラで30個から40個ほどある。これが5人なので、少なく見積もって
5x30=150
150+60=210
210x15分で50時間程度というのが出てくる。なかなかのボリュームだ。

しかしながら、現在は10時間程度やっているのにも、かかわらずゲームの"核"に全く触れていないといえる。前回も予想したけど、おそらくこのゲームは実はひたすら茶番を見せられる、いわゆる単なるラブコメ作品ではないはずだ。これは主人公は仕事と称して"害虫駆除"なんていっているが、その実は確実に人間の掃除であるだろう。しかし、そこの描写は一切ない。一度だけ、そういうシーンがあったが、すべて事後で適当にクラスメイトにネズミ退治の依頼だったが、なかなか大変だった。というように、隠している。

そして周りを囲むヒロインたちも"わけあり"であり、わけありなので、この学園にいるという理由があるのだけど、全くその正体が現れないのだ。

つまり、今のところ伏線(隠れていないが)として、多くの主題が残っており、現状はただたんなるラブコメになっている。ラブコメならラブコメでいいのだろうが、あまりにも長い時間ラブコメばかりやらされるとウンザリしてくるというようなものだ。しかし、テキストセンスとキャラクタがいいので、ついつい読み進めてしまう。

調べれば2012年の萌えゲーアワード受賞となっているようで、選ばれた作品であるようだ。しかし、いつこの果実の味は変わるのだろうか。

3部作ということで1作目はラブコメで終わり。なんてことは無いようにしてほしいと思いながら、今日もボタンを押し続ける。

今年のコミケでの面白そうなゲーム 東方の迷宮2

既に体験版でプレイ済みだったのだけど、いつでるのか?今年の夏コミケか?冬になるのか?なんておもっていたのですが、先ほど公式サイトにみいったところ、本日コミケ3日目で発売、明日からは全国の同人ショップにならぶようで、久しぶりに日本の"同人"作品に手を出しそうだ。といっても"同人"は"インディーズ"でもありますから、そこらへんの定義としては難しいですけども、個人的には、この場合"二次創作"の場合が、これにあたると考えています。

二次創作であろうが、良いものは良い。それは体験版で既に体感済みの、東方の迷宮2。はっきりいってキャラクターの相関関係はわからないし、1も途中で止まっているものですから、1に出ていたキャラクターはわかるけど・・・というような状態ですが、RPGとしてはかなり質の高いものとなっている事を感じました。

HPとMPが全回復するので、毎度毎度アグレッシヴな戦闘を楽しみながらLP(やる気みたいなもの)を管理して、ちまちま進み、LPが尽きてきたら帰って、パーティを自分好みに強化、そして再度挑戦し、強敵と戦っていくパターンはバランスがしっかりしていればいるほど楽しいものだ。

もう体験版の戦闘1回目から運悪く強敵と遭遇し瀕死に追い込まれ、帰還して、強化していけば先ほどの敵も楽々葬れるようになった快感は、バランス調整が秀逸なものならではないでしょうか。

それはそうと、この東方などのシリーズって人気があると思うので、お手軽にsteamなどから購入できれば、よりプレイヤーも増えると思うのだけど、出来ない理由でもあるのだろうか。ルセッティアなんかがインディーズとして販売されているし、いちいち買いにいくのが面倒なので、いいと思うのだが。

この果実は甘いのか、辛いのか グリザイアの果実(PS VITA)

ノベルゲームを新作で買うのはいつぶりだろうか。記憶ではPS3のホワイトアルバム2以来のような気がする。

そんなわけで今回はPS VITAで出たグリザイアの果実を購入してみた。PC版から気になっていて、PSP版が出たものの値段がなかなか下がらず、VITAで出てくれよと思っていたら出てくれたという嬉しい事だ。別に故意に収集しているわけではないが、トロフィーなんかもあるのは「無いより有るほうがいい」理論的には、その他のバージョンを買うよりはいいに違いない。

さて、件のゲーム内容だが、いわば普通のギャルゲーである。主人公はよくある賢者モードで、よく頭がまわり、気が利き口の達者な高校生。

とりまく女性陣は
・ポジティブで明るく、エッチな性格と家庭的なロングヘアーの周防 天音(最高な設定だ!) 左上
・どこか影があり、ツンデレになりそうな 榊 由美子 右
・不思議少女 入巣 薪菜(いりす まきな) 左から二番目
・ツンデレを自分で演じる明るい少女 松嶋みちる 右から二番目下
・なぜか私服がメイドで実際にメイド 小嶺 幸 右から二番目上
grisaia.jpg

さて、今作に関しては情報は一切いれていない。どんなゲームかもわかっていない。公式サイトすら覗いていないし、パッケージの裏すらもみていない。ただ、知っている情報は3部作という事だ。

それはネタバレよりすごい情報なんじゃないか、となるかもしれないけど、これは出遅れ組みとしてはしょうがない。
グリザイアの果実→グリザイアの迷宮→グリザイアの楽園
と、続くようである。

今のところは至って平凡な日常のお話で、ラブコメのような感じである。が、3部作という、はっきりいって余計な知識があると、当然ながらラブコメで3部作を引っ張るのは無理だろうということになり、内容はどちらかというと暗い話になるのではないか、と予想している。

もうOPムービーも流れたので、”事件”はおきそうであるし、主人公は学生の身分ながら自分でアルバイトをして生計をたてているのだという。そのアルバイトの内容は”汚物処理”なのだとか。

汚物処理といっても確実に普通ではなく、どちらかというと、何かを駆除、言ってしまえば殺したりする方の処理なのではないのかなぁと予想をしていますが、どうなのやら。

フロントウィングというブランドが生み出した名作ということらしいが、特に期待はしていない、なんとなく気になっていたから買ってみたというのが一番大きな理由だったりする。文章は読みやすくシナリオライターの文章作りの上手さがわかる。

今のところ、キャラが良い。
これしか言えない。

今後アサルトチェイン縛る事も考えよう Gears of Dragoon

3章まで進めた。一日数時間のプレイながら、家にいてPCの前にいる間はほとんどこのゲームについやしていながら、まだまだ終わりは見えそうに無い。まず前情報として、このゲームはロウルートとカオスルートに分かれるという事ですが、その分岐点すらまだで、それなのに今の時点で33時間ほどのプレイ時間になっている。テキスト既読率も29%との事なので、まだまだ当分は遊べそうである。
save.jpg



以下現在のステータスとスキル構成
WS000008_201308041257191ee.jpg
WS000009_2013080412572116d.jpg
WS000010_20130804125722f03.jpg
WS000011_20130804125723367.jpg
WS000012_201308041257253cc.jpg
WS000013_20130804125731445.jpg
WS000024_20130804125913a62.jpg
WS000016_20130804125914725.jpg
WS000019_2013080412591724a.jpg
WS000021_201308041259192fc.jpg
WS000022_20130804125931085.jpg
WS000023_20130804125932293.jpg

ストーリー的には主人公のアニキぶんでもあるファルコが遂に参入し、物語はここからグっと動き出す。今までがどちらかというとノンビリ、ただ大きな目的があり、大志を抱き新大陸にやってきた。というようなものであったが、主人公であるラディは記憶を失っているという設定ですが、その過去や、それに関する他の事象や、関係性がファルコの口から告げられる。

ベタだけど、それが心地のよい展開だ。

今回はゲームバランス、システムの話になりますが、ギアドラは難易度はNormalであっても比較的高い難易度に設定されており、それこそレベルや装備をしっかりと整えるという、RPGでは当然の事をした上でも、戦闘中にアッサリ死んでしまうようなバランスになっている。といっても、理不尽な死亡ではなく、バランスの取れた難しさであることを予め言っておかなければなりません。

キャラクタのスキルのバランスも取れており、Wizardryでいう、戦士と侍の立場にいるキャラでは片方は水と雷属性、もう一方は土と火属性というように同じような前衛クラスであっても使う場面がシッカリと用意されているのも個人的にはありがたい。

しかしながら、これからの展開で危惧するところがある。それが最近使えるようになり、寧ろそれを理解して使っていかなければならない、SPスキルの存在だ。

このSPスキルとは通常のスキルとは違いMPの消費だけでなく、TP(チームポイント)を消費して行う、超必殺技のようなものであります。これが発動すると”アサルトチェイン”という連携になり、補正がかかり今までは1000程度のダメージだったスキルですら5000近くといった数値をたたき出すこともある。問題はここだ。

このアサルトチェインの存在はよしとしよう。それを使うタイミングも重要だからだし、起点となるSPスキルは非常に高火力であったり、すごい恩恵をパーティにもたらしたりするが、それもキャラ毎に2つほど用意されており、どれを用いるかによってアサルトチェインを使った連携は変わってくる。

しかしながら、上記のスクリーンショットのフィリアを見てもらいたいが、フィリアの”ワルキューレヒルド”というSPスキルがある。これは発動するとどのようなダメージでも敵からの攻撃は80%以上ダメージカットされるというものだ。ぶっちゃけていうとこれを使うと非常に安定する。辛いボスがとても楽になるのだ。

なんていってもそのボスでは全員に500を与えるような攻撃があったとしても、ワルキューレヒルドを発動していると100の被ダメですむのだ。死ななければなんてことはない。回復を行って体勢を立て直せば、勝利を得るのに近くなる。いつまでも効果がないとはいえ、3ラウンド(いわゆる3ターン)、その効果は持続する。その間に片付ければ勝利だ。

その片付けに拍車をかけるのが、TP貯金の問題。TPは戦闘をおこなっていけばゲージがたまっていき、それがたまりきるとTP1として、与えられる。実はTPは使わずにいると、2、3と貯めていけるのだ。つまり貯金していってボスにたどりつき、そこでSPスキルを使いまくるといった外道ながらも正攻法も取れるわけでして、これが若干の低難易度化を招いている気がする。

確かに一度発動すると20ラウンド近くまたないと再発動できないSPスキルだが、このゲームでは難易度が高いため20ラウンドもあれば被害がとんでもないことになっている、のでそれまでに高火力で押し切るのが常套手段である。

大体ボスまで敵と戦いながら進んで溜まるTPは2程度だが、やはり2回もSPスキルが使えるのは大きい。ワルキューレヒルドからの、高火力連携を一度行い。さらに違うキャラのSPスキルでアサルトチェインを発動する。それだけで大方片付いている。3回も使えればもう勝利だろう。

それが今回の懸念点。つまり縛る事を考えないと、ゲームバランスの崩壊すら起こしかねないのでは?と思うのです。normal、さらにエロゲーなので、クリアしてなんぼ、CGみてなんぼ、ということなのかもしれないが、純粋にRPGとしてSPスキルを使わないで戦う戦闘のバランスは雑魚ですら考える程で、丁度いい具合なだけにSPスキル、それが原因のアサルトチェインが余計に感じてしまっている。

このまま難易度が下がるのなら難易度をHARDに変更するべきなのだろうか、とも思っている。
Raptr Forum Signature
プロフィール

uni0207

Author:uni0207
HN:うに

主にゲームではRPGを好む
最近はJRPGだけでなく
WRPGなども毛嫌いすることもなく
雑食的に楽しめているゲーム好き
ブログについて

最新記事
最新コメント
ツリーカテゴリ
月別アーカイブ
お気に入りサイトRSS
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
CustomCategory
TweetsWind
TweetsWind
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。