良くも悪くもレガシー ペルソナ5

テイルズオブベルセリアを遊んでいるあいだにリリースされた、人気シリーズ最新作ペルソナ5。

このゲームシリーズ、一応全て網羅はしている。なので、ゲームの雰囲気だとか、やる事はわかっていた。そして、それが逆に問題になった。

ゲームの流れは大体3以降は同じ作りをしており、大きくはある期日までに決められたダンジョンをクリアし、目的を達成する。その中で戦闘で使うパラーメータ以外を強化するべく、勉強したり、アルバイトをしたり、様々なタスクをこなしていく。次第に物語は核心にせまっていくというのがお決まり。

物語は4月から始まり、基本的には毎日過ごしていく。そして今が5月末。ゲームとしては序盤の序盤ではあるけど、既にプレイ時間は15時間。凄いボリュームだ。

今時これだけのボリュームを詰め込んで、更にはアニメチックな日本のRPGを生み出したことは、テイルズ同様素晴らしいことだ。

さて、肝心のゲーム部分の品評だけど、やる気がわかないというのが正直なところである。強引な言い方をすればペルソナテンプレートがあり、そこにガワが変わったものと言えるだろう。更にはこのシステムがレガシーなゲームをPS4でやることに疑問を感じてしまうのだ。

例えばアトリエシリーズがある。このシリーズはPS3に出し始めたあたりからVITAにもマルチをし、勿論私が遊ぶのはVITA版なのだ。何故ならアトリエシリーズもレガシーであり、据置でやる意味が感じられないからだ。当然読み込み、ローディングなど様々な点で優位性はあるだろうけど、もっと据置ではリッチなゲームを遊ぶべきだろうと感じてしまう。つまり、優先度が低くなるのだ。他に閃の軌跡、スパロボ等も同様である。

ただ、ペルソナに関しては機種に依存するほどのグラフィックを展開している。少なくともPS3以降を基準とした日本産としてはハイクオリティなグラフィックが印象である。

それ故にスタッフも見て欲しいのだろう。

散々PS1あたりでスクエニがFF7~FF9あたりでやり過ぎた、戦闘の演出がくどいというのがある。イベントシーンならともかく、戦闘中でも順番交代をする為にハイタッチをする、戦闘終了でながながとキャラクタのアクションを見せられるというのがある。

そして、移動の煩わしさ。今回は怪盗である主人公たち。それはとてもいい設定なのだけど、その為ダンジョンには忍び込んでいるという設定があり、敵に見つからないように隠れていく必要がある。スニークゲームは好きなのでこれ自体はとてもいいと思うのだけど、ここまでやるならアクションゲームとして欲しいものだ。元々橋野桂ディレクターのインタビューではアクションゲームの構想もあったそうなので、その名残なのだろうけど、正直面倒である。

そしてコマンドRPGであること。コマンドRPGは大好きだし、否定をする気はないのだけど、何作このプレスターンバトルから派生したワンモアバトルを採用するのか。徐々に進化しているとはいえ、想定の域を超えていない。

ペルソナ5自体は素晴らしいゲームだし、点数にすれば90点くらいの出来だと思うけど、退屈なゲームである側面がある。
スポンサーサイト
Raptr Forum Signature
プロフィール

Author:uni0207
HN:うに

主にゲームではRPGを好む
最近はJRPGだけでなく
WRPGなども毛嫌いすることもなく
雑食的に楽しめているゲーム好き
ブログについて

最新記事
最新コメント
ツリーカテゴリ
月別アーカイブ
お気に入りサイトRSS
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
CustomCategory
TweetsWind
TweetsWind