スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

早速手痛い歓迎を受ける Pillars of Eternity

以前から気にはなっていたものの、言語の壁にはさまれて購入に踏み切れなかった件のPoE。事前からわかっていたものの、恐ろしいくらいのBaldur's Gateフォロワー作品であり、日本でたとえるならドラゴンクエストと桃太郎伝説みたいな感じ。

なぜ今回買ったのかというと、リンクにありますCRPGまにあさんが楽しそうにプレイされているのと、言語の壁は相変わらずなので、日本語化が完了した、ということを受けての購入となった。言語の壁・・・実は最近アメリカにあるラスベガスとロサンゼルスにいったわけですけど、やはり言語の壁は厚い。当然だけど日本語なんて空港で"便所"って書いてるくらいですもん。

ゲームを開始するとキャラクターメイクのあとはお決まりのように俯瞰(神様)視点でキャラクターを動かす。そしてルールに基づいた戦闘が開始される。もうすべてがBGと同じ。シビアな難易度が若干緩和されているように見受けられたのと、チュートリアルが丁寧で、わかりきっている事だけど説明してくれるのは、新規ではいる人にも優しい配慮だと感じた。

ちなみに2キャラ目の美人キャラはこの後イベントで死にます、なんでこんなことするんだか。
WS001290.jpg

難易度は最序盤から高難易度を示されるBGなんかよりはマイルドな感じがするけど、やはり数の暴力は恐ろしい。ふらふら歩いていると、オオカミ3匹。
WS001562.jpg

はい
WS001588.jpg

日本のゲームじゃありえないこの歓迎。ゆっくり着実に遊ぶ必要がありそうだ。
スポンサーサイト
Raptr Forum Signature
プロフィール

uni0207

Author:uni0207
HN:うに

主にゲームではRPGを好む
最近はJRPGだけでなく
WRPGなども毛嫌いすることもなく
雑食的に楽しめているゲーム好き
ブログについて

最新記事
最新コメント
ツリーカテゴリ
月別アーカイブ
お気に入りサイトRSS
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
CustomCategory
TweetsWind
TweetsWind
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。