スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バランス調整は恐ろしくいい Gears of Dragoon2

タブレットにて少しずつ進めている今作。現在20時間ほど遊んでいてまだまだ序盤の二章。どれくらい序盤かというと仲間が半分も揃っていない状態。レベルも20やらで、最高レベルが100超えということを考えるとまだまだ先は長い。

このゲームをやるに当たって久しぶりに自身のブログを読み返していて、その時に読んだのがGears of Dragoon1の記事。アサルトチェインゲーだと書いていた。アサルトチェインというのは所謂パーティ全員が猛特攻を仕掛けるというもの。

グングンダメージの倍率があがり、数百が数千に、数万と伸びるダメージ。1に不満感じたのは、あまりにも強過ぎるせいで、封印したいところだったけど、敵も合わせて強くなる為使わないわけにもいかず、使うことを余儀なくされたそのバランス。

しかし、使うと敵は崩壊する。使わないとこちらが崩壊する、という極端なバランスだったのだ。こういった感想は他の感想サイトでも述べられている。それ以外の部分はとても良かっただけに本当に惜しい作品だった。

その反省を経てなのか、2のアサルトチェインはちょいとばかり優位に働く連携となり、猛威というのは一切無く、ぶっちゃけていうなら単なる全員が連続で動ける、という程度に落ち着いた印象だ。

これはとてもいいことで、バランスの調整はシッカリと取れていて、ノーマルの難易度は1の方が高かったものの、ボスはノーマル程度でも、少々考えて戦う必要がある程度になった。ノーマルと敵が少し強くなるバーサークを組み合わせると途端に最適解を求められるのは評価の分かれるところだろう。というのも、バーサーク1と0では難易度があまりに違いすぎるのだ。

このちょうど中間であったのが、1のノーマルであったように思う。この部分は1が勝っている部分だろう。

このゲームはハック&スラッシュで、アイテムのドロップと品質はとても大切で、毎回のアイテム入手が楽しみなのだけど、2では戦闘評価システムによりアイテムドロップが決まる。その為基本的に雑魚は1ターンで倒しきるという任務が毎回課せられるのだけど、どちらにしろ早く殲滅するのは当然のことだし、どちらかといえばこれは好きだ。ボス戦は猶予があるおかげで、余裕を持った戦いも出来ているしね。

しかし、2では残念なところもあり、GUIが非常に残念なのだ。回復アイテムを使うのに、アイテム欄からドラッグアンドドロップでキャラクターの顔まで持っていく必要があり、技や魔法で敵を攻撃する際や、魔法で見方を回復する、補助する際はクリックなのに、だ。何故アイテムだけこの方法なのかがわからないのだ。

でも、不満というのはその程度であり、楽し過ぎるというのが率直な感想。体験版から既に面白ったのだけど、製品版ではverアップなどのおかけで快適さも上がり、より良い作品になっている。エロゲと切り捨てるのは勿体無い作品である。
スポンサーサイト

エロゲハクスラRPG本領発揮 ギアーズオブドラグーン2

エロゲブランド、ninetailが送るハック&スラッシュRPGの作品であるこのゲーム。やはりかなり面白い。

このゲームはエロゲーとしてリリースされているのだけど、相変わらずゲーム性が非常に高い作品として成り立っている。この作品の1は遊んでいた時にHDDが死んでしまいまして、それっきり遊ぶ機会もないままに2が出てしまったという事なのですが。

1からマイナスになった部分などがあるにせよ、根本的なおもしろさはエロゲーとして一まとめにするのは勿体無いレベルでして、毎日少しずつでもアイテムを求めて探索しているのです。

シンプルなコマンドRPGのシステムなのですけど、スキルポイント振り、ランダム性能のアイテム、ルートがわかれるシナリオ、バランスの良い難易度、そして公式曰くお話をすっ飛ばしゲームだけ楽しんで70時間という大ボリュームと、コンシューマに出ていてもおかしくないと個人的に思っている。

難易度はどれくらいの塩梅かっていうと、雑魚はスキルを使えばサクサクと、ボスではスキルを考えながら使って死人が出るレベルで勝てる、そんな感じ。と、いうのも難易度に依存しますけども。

私はノーマルはあまりにも簡単すぎましたので、ノーマルのバーサーク1という設定で遊んでいるのですが、これで上記のような難易度。

その上にはバーサーク2やら、ハードやらハードのバーサークやら、クレイジーのバーサークやら、まだまだ上を見るとドンドンあるわけどけど、ここに来るまで紆余曲折。

最近1.02のパッチがあたりまして、ようやく褒められるレベルになった、と。はっきりいって1.01や、体験版はひどい出来だった。体験版では壁の中に埋まってそのまま走り続けて操作不能だし、製品版はさすがになおったものの、ノーマルではスキルを使えばサクサクなところ、ノーマルバーサーク1にするだけで、全員のスキルぶつけてようやく敵が倒れるってところ。

ボス戦なんてこちら側が2ターン持てばいい方で、こんな難易度どうやってクリアするんだ、っていうほど。ある意味挑戦意欲がわく仕様かもしれないけど、流石にこれは緩和された。ノーマルバーサーク1は少し厳しい程度で程よい高難易RPGを求めるならベストに近い。全滅してもリトライしてスキルを見直したり、装備を改め撃破するRPGの根幹ともいえるところだろう。

まだまだ始まったばかりで、前作では猛威を奮ったアサルトチェインなど、その他諸々のシステム開放がまだである。この先どうなっていくのやら、ひじょ見た目は同人ゲーム未満の戦闘シーンかもしれないけど、システムとバランスは一級品である。

今後アサルトチェイン縛る事も考えよう Gears of Dragoon

3章まで進めた。一日数時間のプレイながら、家にいてPCの前にいる間はほとんどこのゲームについやしていながら、まだまだ終わりは見えそうに無い。まず前情報として、このゲームはロウルートとカオスルートに分かれるという事ですが、その分岐点すらまだで、それなのに今の時点で33時間ほどのプレイ時間になっている。テキスト既読率も29%との事なので、まだまだ当分は遊べそうである。
save.jpg



以下現在のステータスとスキル構成
WS000008_201308041257191ee.jpg
WS000009_2013080412572116d.jpg
WS000010_20130804125722f03.jpg
WS000011_20130804125723367.jpg
WS000012_201308041257253cc.jpg
WS000013_20130804125731445.jpg
WS000024_20130804125913a62.jpg
WS000016_20130804125914725.jpg
WS000019_2013080412591724a.jpg
WS000021_201308041259192fc.jpg
WS000022_20130804125931085.jpg
WS000023_20130804125932293.jpg

ストーリー的には主人公のアニキぶんでもあるファルコが遂に参入し、物語はここからグっと動き出す。今までがどちらかというとノンビリ、ただ大きな目的があり、大志を抱き新大陸にやってきた。というようなものであったが、主人公であるラディは記憶を失っているという設定ですが、その過去や、それに関する他の事象や、関係性がファルコの口から告げられる。

ベタだけど、それが心地のよい展開だ。

今回はゲームバランス、システムの話になりますが、ギアドラは難易度はNormalであっても比較的高い難易度に設定されており、それこそレベルや装備をしっかりと整えるという、RPGでは当然の事をした上でも、戦闘中にアッサリ死んでしまうようなバランスになっている。といっても、理不尽な死亡ではなく、バランスの取れた難しさであることを予め言っておかなければなりません。

キャラクタのスキルのバランスも取れており、Wizardryでいう、戦士と侍の立場にいるキャラでは片方は水と雷属性、もう一方は土と火属性というように同じような前衛クラスであっても使う場面がシッカリと用意されているのも個人的にはありがたい。

しかしながら、これからの展開で危惧するところがある。それが最近使えるようになり、寧ろそれを理解して使っていかなければならない、SPスキルの存在だ。

このSPスキルとは通常のスキルとは違いMPの消費だけでなく、TP(チームポイント)を消費して行う、超必殺技のようなものであります。これが発動すると”アサルトチェイン”という連携になり、補正がかかり今までは1000程度のダメージだったスキルですら5000近くといった数値をたたき出すこともある。問題はここだ。

このアサルトチェインの存在はよしとしよう。それを使うタイミングも重要だからだし、起点となるSPスキルは非常に高火力であったり、すごい恩恵をパーティにもたらしたりするが、それもキャラ毎に2つほど用意されており、どれを用いるかによってアサルトチェインを使った連携は変わってくる。

しかしながら、上記のスクリーンショットのフィリアを見てもらいたいが、フィリアの”ワルキューレヒルド”というSPスキルがある。これは発動するとどのようなダメージでも敵からの攻撃は80%以上ダメージカットされるというものだ。ぶっちゃけていうとこれを使うと非常に安定する。辛いボスがとても楽になるのだ。

なんていってもそのボスでは全員に500を与えるような攻撃があったとしても、ワルキューレヒルドを発動していると100の被ダメですむのだ。死ななければなんてことはない。回復を行って体勢を立て直せば、勝利を得るのに近くなる。いつまでも効果がないとはいえ、3ラウンド(いわゆる3ターン)、その効果は持続する。その間に片付ければ勝利だ。

その片付けに拍車をかけるのが、TP貯金の問題。TPは戦闘をおこなっていけばゲージがたまっていき、それがたまりきるとTP1として、与えられる。実はTPは使わずにいると、2、3と貯めていけるのだ。つまり貯金していってボスにたどりつき、そこでSPスキルを使いまくるといった外道ながらも正攻法も取れるわけでして、これが若干の低難易度化を招いている気がする。

確かに一度発動すると20ラウンド近くまたないと再発動できないSPスキルだが、このゲームでは難易度が高いため20ラウンドもあれば被害がとんでもないことになっている、のでそれまでに高火力で押し切るのが常套手段である。

大体ボスまで敵と戦いながら進んで溜まるTPは2程度だが、やはり2回もSPスキルが使えるのは大きい。ワルキューレヒルドからの、高火力連携を一度行い。さらに違うキャラのSPスキルでアサルトチェインを発動する。それだけで大方片付いている。3回も使えればもう勝利だろう。

それが今回の懸念点。つまり縛る事を考えないと、ゲームバランスの崩壊すら起こしかねないのでは?と思うのです。normal、さらにエロゲーなので、クリアしてなんぼ、CGみてなんぼ、ということなのかもしれないが、純粋にRPGとしてSPスキルを使わないで戦う戦闘のバランスは雑魚ですら考える程で、丁度いい具合なだけにSPスキル、それが原因のアサルトチェインが余計に感じてしまっている。

このまま難易度が下がるのなら難易度をHARDに変更するべきなのだろうか、とも思っている。

更に面白さは加速する Gears of Dragoon

steamでの買い物や北米amazonのPCゲームサマーセールの中購入して、つまみ食いはしている。ちなみに最近つまみ食いをしているのは

Tomb Raider
FarCry3
Planet Side2

どれもこれもドンパチのゲームばかりだ。内容は面白く文句もないが、結局嵌ってやっているのは国産ゲームでして、それもエロゲのRPGなんていう、普通に聞けば奇行に思えるものですが、面白いものは仕方がない。

エロゲのRPGといえど侮るなかれ、その洗練されたゲームシステムと秀逸なバランスは単純に気持ちいい、楽しいドンパチゲーとは違う楽しさを感じられる。

とりあえず、語ることもないのですが、ここはゲーム日記でもありますのでステータス画面でもアップしておけば自分の日記帳になるだろう。
WS000000.jpg
WS000002_20130722220057.jpg
WS000003_20130722220059.jpg
WS000004_20130722220101.jpg
WS000005_20130722220102.jpg
WS000006_20130722220103.jpg


現在プレイ時間としては12時間くらいですが、10時間ほど経ったころにようやく、スクショのフィリアとの初馴れ初めがありまして、正直ゲーム内容にほれ込んでいるものですから、その部分はCTRLでスキップしてしまった。(エロゲーの大半はCTRLキーで高速スキップができる)

ここまでエロに魅力を感じないゲームも珍しく、早くゲームパートをプレイさせてほしいというのは、国産のムービーゲーのような感覚と同様の感覚を覚える。

難易度はノーマルですが雑魚ですらガチガチに武装して殺しにかかってくる難易度は堪らないものでして、最初のほうこそ上の方に記されているギルドランクをあげると、歩くたびにHP/MP回復なんてぬるいんじゃないの?といいたかったのですが、もはやそれに頼って生きていくしかない状態だったりする。

毎回宝箱は復活するが、その中身も毎回変わるのは、ハクスラのチェストを開けるときのような感覚でありまして、○のロングソード+○などが来ようものには、「よっしゃ!」と思ってしまうほどにトレジャーハントの楽しさがあります、難易度がシビアなものですからパラメータが上昇する嬉しさは、下手なRPGよりも数倍も感じられます。

スキルもそろそろ揃ってきていて、スキルビルドや、パラメータビルドを考えないといけなくなってきた。
WS000001.jpg

最近のコマンドRPGではメガテン4が大失敗作、まさにクソゲーの鑑といえるほどのモノでしたので、その傷を癒すにはかなり良い具合のゲームになっています。

嬉しい悲鳴を上げたい骨太感 Gears of Dragoon~迷宮のウロボロス~

タイトルに関しては聞いた事もない。なんていう人もいることでしょう。それもそのはずでコンシューマーゲームではなく、PCのエロゲーだからです。実際に私が知ったのもリンクにさせてもらっているCRPGまにまにさんがプレイ日記を書いていて高評価を与えていたから興味をもったものですし、エロゲーをやらない人にとっては見られることもなく過ぎ去っていくゲームでしょう。

しかし、エロゲーとはいっても、ノベルもの、ゲームものと大きくわかれると思いますが、これは紛れもなくしっかりとしたゲームものであり、3DダンジョンRPGというジャンルになります。最近のコンシューマものでもご褒美的にラッキースケベがあったりするものが多いですが、これはその部分が本番に代わるということでしょう。

さて、現在は5時間ほどプレイしているのですが、現在のところエロゲーというのは感じさせない硬派なRPGでして、ノーマルの難易度ながらに確かな歯ごたえと、システムの奥深さを堪能しているところです。

5時間程度のプレイでこの追い込まれよう。
gears_of_dragoon.jpg

難易度はまだハード、ベリーハード、クレイジーというように存在するようでして、高難易度であればあるほど、アイテムの質がよくなったり、レベルキャップが開放されるというシステムのようです。そこから察すれば、これはいわゆるハック&スラッシュRPGであることがいえます。

ダンジョンRPG自体がハック&スラッシュRPGだというのはもっともな意見ですが、これは考えうるそれよりももっとハクスラに近く、アイテムにランダムで性能がつきます。そして、また自身で強化をすることができるところからも非常にハクスラしているといえるでしょう。

高難易度でダンジョンRPGでランダム性能となれば、コンシューマRPGではダントラシリーズが挙げられますが、実は先日愛用のPSPのデータが吹っ飛びまして、当然バックアップなど去年の半ばあたりからとっていなかった私には再起不能の致命傷だったわけです・・・しかし、40時間、たかが40時間と思い、いつかリベンジをしようと思ってはいますが、この深手はまだまだ回復するまでに時間がかかりそうです。まだストーリークリアすらしていませんからね。

そしてギアーズオブドラグーン、ギアドラですが、エロゲーメーカーが作ったのか!?といえるほどにキツク面白いバランスとシステムでワクワクさせてくれます。

すんなり入りやすいターン制のコマンドRPGなのですが、強力なスキルにはクールタイムがあったりするのです。画像の左下のスキル欄に 1 とかかれているのは、あと1ターン待たないといけない。というようになっていて、コマンドRPGでは初めてクールタイムの存在を体験しています。

右上のラウンドとターンとリミットゲージと雷マークですが、これらも独特なシステムを持っていまして、一歩進むごとにターンが1増え、100になると属性マークが変わる。これがいわば天候のようなものでして、その属性にあたるモンスターが強くなるというようなものだったりする。

その他にはスキルカスタムなどがありますが、スキルツリーにポイントを割り振りビルドをしていくシンプルというには敷居が高いですが、このようなタイプでは一般的であるシステムだったりします。そして何回でも振りなおしが可能。というのもスキルはすべて最初から見られる状態ではなく、レベルと共に開放されていきますので、最初から、方向性を持ってビルドをする。という事ができないのです。

そして、何より高い難易度がそれをうまく使っているでしょう。つまり、ダンジョンに赴く際にできるだけ的確なスキルビルドをする必要があるからです。普通振りなおしは禁忌とされていますが、難易度がそれを許しているという不思議な感覚でして、ここにもスタッフ達の徹底的なバランス取りに感心させられるのです。

グラフィックや音楽などは、どちらかというとチープで、特筆すべきものではない。

しかし、ストーリーは設定が煮詰められていて、普通はそんなもの読まない私でもtipsを読んでしまうほどにファンタジーな世界設定は非常に好ましい。だからといってシナリオがいいのかといわれると今のところは微妙というよりも何も語れない状態ですが、ゲームとして面白いのであまり気にするところでもないでしょう。

過去にもダンジョンRPGを生み出しているエロゲーブランドらしく、すばらしいものを作ってくれたといいたい。今後次第で、どうにでも評価は変わりますが、今のところは不満らしい不満が全体的にチープであること。その点だけです。

Raptr Forum Signature
プロフィール

uni0207

Author:uni0207
HN:うに

主にゲームではRPGを好む
最近はJRPGだけでなく
WRPGなども毛嫌いすることもなく
雑食的に楽しめているゲーム好き
ブログについて

最新記事
最新コメント
ツリーカテゴリ
月別アーカイブ
お気に入りサイトRSS
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
CustomCategory
TweetsWind
TweetsWind
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。