スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

当時一番いいところで止めたのを痛感 PSPペルソナ2

空の科学館までクリア。
面白くなりそうになってきた。

ここにいたるまではお使いゲームというべき内容がかなり続く。
敵のボスのようなものから宣戦布告され、どこどこにいけ、次はどこどこにいけといわれるがままに動くのですね。これが多分当時の自分にとってあまりに面白くなかったのでしょう。今回もそうでした。

だから空の科学館というダンジョンが実質最後の指示場所になるわけですけど、そこでダンジョンが燃え出して何分以内に脱出というミッションが始まった時に「またか・・・」とおもって止めたのを思い出した。
やはり10数年たった今でもそこに至るまでに不満はたまり、結局同じところでいやになるんだなぁ。でもとりあえずここだけはクリアしよう・・・そう思ってクリアした。

ここからがこのゲームの本番なのではないのかという展開になりだした。

このゲームは"噂システム"という街の人や魔物から聞いた噂が噂屋さんに頼めば事実になるという事が独特なのですが、ここまでは「丸丸屋の武器は強いけど高い」もしくは「丸丸屋の武器は平凡で値段も平凡」といった複数の噂から自分で選ぶようになっていたりサブシナリオ的に「学校には×というのが出るらしい」といったものぐらいだったのですね。

つまり自己強化のために噂を使っているのであって、シナリオにはほぼ関与していない。

敵側は噂を使ってせめてくるのに、自分達はこんな噂というシステムがあるにもかかわらず、噂を使って何かをするというのってないんです。上記の武器が売られるとかそれくらいで。プレイ中もなぜこいつらは噂を使って解決しようとしないんだろう。なんて何度も思いました。

しかし、空の科学館クリア後からいわばチカラではなく頭脳戦のような展開になりそうな感じがしています。
噂が広まりそう→なら噂を塗り替えて事実を自分達の有益なようにしよう。と。
私でも思いついたので、当然といっちゃ当然ですが、ようやく波に乗れそうな展開になってきた。このまま面白くなってほしい。
スポンサーサイト

名作の"噂"は真実になるのか、今一度プレイ ペルソナ2罪

最近は新作の発売も穏やかなので、積みゲー崩しを兼ねてPSPでリメイクされたペルソナ2罪を遊んでいる。10年以上前にオリジナルを購入した時には理由は覚えていないけど途中で投げてしまったが、今回は最後までやってみようと決心をして始めたのだけど、これがなかなかにクセモノでもあり、イマイチ面白くない。たまに出てくる"流星野郎"といった当時を知っている人にはわかるネタにニヤリとしてしまうのだが。

まずリメイクと謳った"ほぼ移植"というのが、上記の不満の原因になると思っている。
オリジナルがどうだったのかは忘れてしまっているが、色々とそのまま持ってきているのだろうという部分が多く、それがストレス要素になっていて、あまりにもオリジナルを意識した為、リメイクになれていないのが原因だろう。

RPGでも一番多く時間を費やす戦闘周りには多く不満がある。戦闘開始時には2,3秒ほどのロードが毎回挿入されるし、戦闘のテンポ自体もかなり悪い。演出のスキップなどが出来るが、バシバシとスキップされるわけではない。全体魔法などを使った時等は数値が一斉に表示されるわけでもなく、SEと共に数値が表示され、次の標的に表示されるには1秒ほど間がある。

ザコ戦の難易度は難易度がNORMALであっても限りなく低く、プレイ時間6時間程度でLVは18くらいなのですが、まだ蘇生アイテムの使用回数は0回、全体回復魔法のメディアですら数えられる程であり、それらもボス戦でしか使用しないくらいである。こういったところも含めてオリジナルを貴重に扱っているが故なのだろうけど、今に"リメイク"するのだから、これでは本当にプラットフォームがPSPに移り、スキップなどが出来るようになっただけに留まっているように思う。

最近のメガテン系列作品にはもれなくと言ってもいいほど採用されるプレスターンバトルを導入するなどの思い切りがあってもよかったのではないだろうか。特に受けがいいシステムであるし、リメイクにあたり現代のシステムで過去作を遊べる。そういった部分に期待した人もいたはずだろう。

難易度が低い分、テンポの悪さが余計に気になる。ただただオートで設定した全体攻撃魔法を使うだけになってしまっているから。
緊張感もない作業戦闘であることはこれほどまでに退屈なのだなと思わされる。全滅する可能性がないのでほぼ戦う必要がない、これだとノベル形式のゲームでもいいだろう、という極論にいたってしまいたくもなる。

作業といえば、悪魔の召還に関してもそうだろう、悪魔との会話は最近の簡素になってしまった会話部分に対するアンチテーゼのようにしっかりとオリジナルを引き継いでいるのだけど、会話時に入る演出がながっったるいこと等もあり、面倒に感じる。

私は最近の簡素なコンタクトのほうが楽でいいと思っているいわばメガテンライト層であるからなのですけど、ペルソナ2では悪魔と交渉した暁には直接仲魔になるのではなく悪魔の属性のペルソナカードを貰い、それを規定枚数消費してベルベットルームで呼び出すという作業が生まれる為、何回も同じ悪魔にコンタクトして、同じパターンで口説き落とす。これが非常に作業になってしまう点がある。

これをなくせばペルソナ2ではないというべきオリジナリティ溢れるシステムなのでしょうがないとはいえ、これもリメイクにあたりテンポアップといった事もできたはずだろう。

ペルソナというゲームなのに召還ペルソナが全然変えられないという事態が今の序盤では起こってしまっている。
その代わりに移動中にMPが回復するため戦闘中にはペルソナはほぼ使いたい放題のような状態ですが。唯一昔に覚えていたのはペルソナにはレベルではなくランクがあって、使えば使うほどランクが上がっていく。これを昔作業ゲームの好きだった頃には何度も戦ってランクを上げては楽しんでいたような記憶が蘇った。

ストーリーも今はまだ惹かれる段階ではない。"噂"が真実になるという、昔プレイした時からも覚えているくらい印象的な事や、謎が謎を呼んでいるストーリーなのだが、昔のRPGらしく色々と語り過ぎない質素であることがイマイチこのゲームに対してスイッチが入らない理由なのだろう。

特に今は褒めるところは見当たらないゲームでありますが、何故か続けてしまうのは事実です。というのも戦闘のテンポが悪い事や、エンカウント率が高い事で、ゲームのテンポは悪いのですが難易度が低いおかげで回復しに戻る、アイテムを買いに戻るなど面倒な事をしなくてもクリアできるからです。
それに・・・既に続編である罰を購入しているというのも理由にありますし、「序盤だけは退屈」、「やればやるほど面白くなる」というレビューを読んでからのプレイになっているので。
しかし、罪をクリアした段階でペルソナ2というものに嵌れていなかったら、諦めるべきかもしれない。

あまり好きではない要素も多く含まれていて単調すぎるきらいはありますが、ペルソナ3,4というモデルチェンジは新規獲得には必須だったし、昔ながらのRPGではなくしたのは成功だったのでは。と今あえて2をやる事で見えた気がします。
Raptr Forum Signature
プロフィール

uni0207

Author:uni0207
HN:うに

主にゲームではRPGを好む
最近はJRPGだけでなく
WRPGなども毛嫌いすることもなく
雑食的に楽しめているゲーム好き
ブログについて

最新記事
最新コメント
ツリーカテゴリ
月別アーカイブ
お気に入りサイトRSS
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
CustomCategory
TweetsWind
TweetsWind
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。