DEX極振りはクリティカル連発だが問題あり Torchlight2

久しぶりにTorchlight2を触った。
エクシリア2であったり、鉄拳であったりに浮気していて出来なかった。来週にはスパロボが控えていたりと、最近はバンナムのゲームばかり購入している気がする。それもユーザーの期待に応えてくれる姿勢が気に入ったからというのもある。お金を出せば、きっちりとユーザーに還元がありますからね。

進みは非常に遅いけど、とりあえずAct的にはおそらく最後ではないだろうか。ストーリー的には文字も読んでいないのでよくわからないので、何故そこにいるのかというのもわからないのだけど・・・
そもそも英語が読めない読めるの前に、ハックアンドスラッシュRPGの場合はストーリー自体を見ない。例えばSacred2なんかはPS3で日本語版を遊んで300時間くらいは遊んだと思いますが、何故あのような機械と戦っているのかもわからない、何周もしているのにも関わらず。結局はマップが示すポイントに移動して、対象と話したり、やっつけるなりでクエストクリアをするだけ。それが出来るのがこのジャンルの売りでもあるのだから。

そんなわけで、敵もずいぶん強くなってきていると感じるTorchlight2なわけですけど、タイトルどおりDEX極振りをしているのは今までの記事からわかってもらえると思いますが、確かにクリティカルヒットは非常に発生します。ですが、パッシブスキルのDodge Masteryにもスキルポイントは惜しまず注ぎ込んで、低火力ながら回避型+クリティカルという図式を組み立てたのですけど、よく死ぬ。本当に避けているの?といいたくなる。
本当に避けているのかどうかは表記が出ないので余計わかりにくい。Diablo3だと回避したときはきちんとDodgeと出てくれるので、回避が発生しているかどうかわかりますけど、Torchlight2はクリティカルヒットの時はCriticalと出るのに、回避でDodgeという表記が出ないのでわかりにくい。
おまけにShare the Wealthというパッシブスキルにも振っているので、これで更に回避率は伸びているはずなんだけど死にまくる。難易度は勿論ノーマルで。
死ななくても赤ポーションの消費が激しいので、お金が無くなるという事態にもなってしまう。仕舞いにはコモンスペルのHeal3を覚えて自分にかけるようにしないともたない。
最初のほうから、このゲームわりと死ぬなーなんて思っていましたけど、ここにきてそれは有頂天に達したと言えるくらい。
Shotgunビルドなので、敵を近づけずにヤルのが鉄則なんですけど、相手も遠距離攻撃をしてきたりしますので、どうしてもそれには対処が出来ない。

現在の主力の攻撃はVenomous Hailというスキル。毒ダメージ+範囲に数回攻撃というものだけど、出会い頭にこれを撃つというのが定番になっている。ただ非常に燃費が悪い。ものの数発撃つと燃料切れを起こす。
マナポイントを伸ばすFocusにポイントを振っていないからなんですけどね。
WS000154_20121119010003.jpg
WS000153_20121119005927.jpg


とりあえず最初は良いかも!と思っていたDEX振りビルドはShotgunと相性が悪かったのかな?という印象。ひょっとしたらアクティブスキルの選定を失敗している可能性もあるので一概には言えない。もしかしたら実はVitalityに振って防御力上げている方が辛いのかもしれない、とりあえず今のキャラをサクっと終わらせて次のキャラで試してみるほうがいいだろう。現在のところいえるのは回避にはあまり期待するな。というところでしょうか。
スポンサーサイト

メタスコアは90!! DEX極振りならShotgunビルドはおいしいかも Torchlight2

outlanderによるノーマルTorchlight2
LVは32でまだまだな感がありますが、ここで武器を色々と変えてみた。以前は二丁拳銃でのプレイだったが、弓にショットガンにと。弓は銃があるので必要なの?とおもっていましたが、攻撃スピードがvery fastな為、早いノックバックの属性を持った攻撃に近づくことなく敵を倒せる。そしてクエスト報酬でいいショットガンを貰ったのでちょっと試しに装備してみたのだが、これが結構いい。
WS000002_20120925222952.jpg

何がいいかというとDEX極振りをしているため、非常に高確率でクリティカルヒットが発生する。ショットガンは攻撃スピードは遅いが一発が重く、広範囲にいきわたる。ここから導かれるのは低い攻撃力のクリティカルヒットよりも高い攻撃力を持ったクリティカルヒットのほうが強力で、発生確率も高いのなら一撃が強力な遅い奴でもかなりの火力になるからである。
つまりチマチマと連続攻撃するよりもパワータイプの攻撃を一撃与えるほうがいいビルドといえるわけだ。

なら、拳銃や弓はいらないのか?それは違う。その為に2丁拳銃用に確率で同時攻撃できるスキルもパッシブで存在するし、弓は攻撃速度が非常に速いため、アクティブスキルの発生がものすごく早いということになる。
しかし、途中からショットガンに変えた為longrange masteryが無駄になってしまっていないかということだ。
ロングレンジマスタリーはボウ、クロスボウ、ピストル、ワンドの射程が伸びるとかいているが、そこにショットガンの表記は無い。ショットガンもrange weaponであることには間違いないのですが、暗闇にする確率、ノックバックを大きくする、スタンさせるというショットガンのパッシブスキルがあるため、ロングレンジマスタリーも反映されていたら、ショットガンは優遇されすぎて驚きだ。

しかし、Torchlight2は本当に面白い。ビルドを考えるだけでも面白いし、装備の選定でも楽しい。
diablo3の反動がここにきたのか?といいたくなるくらい面白く感じるのですが、それは私だけではなく、metaスコアでも大きな数字をたたきだしている。
torchlight2.png
diablo3.png

メディアだけでなく、ユーザーからの評価も高いのでこれは本物といってもいいのではないだろうか。片やフルプライスで本家本元のシリーズ、片やカジュアルなプライスでオマージュ作品。いくらdiablo2のスタッフが作ったとはいえ、torchlight2の進化というか、楽しさの上昇具合は1のそれをはるかに上回る。今年はこのゲームがあっただけでも満足といいたくなる出来だ。

共有倉庫のバグアップデートと現状 Torchlight2

現在はLVも20代半ばになり、物語も中盤あたりという認識でいいのでしょうか
そういうわけでTorchlight2は現在もプレイ中であります。

アップデートがきたので、何かと思ったら共有倉庫のバグアップーデートだそうだ。どういうことかというと共有倉庫のアイテムが消えるバグがあったそうです。現状だと特に問題はないですが、後半になってこれの被害があると痛いだろう。早急な対応はいいとおもいますが、大切な部分なので最初からこんなバグを出さないのが良いのですが。

現在はoutlanderのunikoさんで進行中。難易度はnormalなのですが結構死ねます。1のときはこれだけ難易度が高かったかな?という印象を持つくらい。何よりボスのHPが高く設定されており、取り巻きを呼ぶ事が多い為それらの攻撃もありますので結構ポーションを使うことになる。尚Torchlight2はこのタイプのゲームには珍しくリジェネレートがない為、走り回って逃げ回りHP回復なんていうことも出来ない為、必然的にポーションの大量所持が必要になってくる。それにボス戦では結構なアクション要素というか、マウスの的確操作が要求されます。diablo3でもそうでしたが、力と力のぶつかり合いというよりもテクニックがいきてくるためやはり必要な要素なのだろうか。diablo3と違ってボスでやられようと直前に復活し、HPが引き継がれたままのボスと戦えますのでストレスの感じ方も全然違うのですが、いかにdiablo3がオークションを利用させる為のゲーム設定だったのかがよくわかる。


WS000219.jpg

oulanderの2丁拳銃ビルドで進行中。DEXとVITに極振りだ。ピストルはDEX依存なので、STRに振る必要がない。DEXは回避率のアップやクリティカル率のアップの為に、VITはいざというときのHP増加の為に振っている。

現状はいろいろスキルにポイントは振っていないのですがスキルのキャラクターがかなりきっちりと分けられており、新しいスキルを覚える度に、なるほどと感じてしまうゲームバランスだ。

たとえばこのShadow shotは敵にヒットすると弾が拡散し、自動的に追尾する攻撃が発生する。多くの敵と対峙したときなんかに有利だ。
WS000222.jpg
ChaosBurstは1でもあったような気はしますが、壁やオブジェクトに当たると反射する弾を前方の広範囲に放つ。狭い路地などで敵が現れたときなどに使用する事が多い。
WS000221.jpg
一番使用しているのがRapidFire、その名のごとく高速の弾を発射するスキル。前2つが多くの敵に効果があるのに対し、これは前方の敵にしか効果がないが、貫通して敵に当たるため、直線的に並んでいる敵には連続でヒットする。押し続けてマナを消費していくアクティブスキルなので、その場でポンと減るアクティブスキルとは若干使用感が異なる、おまけに防御力ダウンもついてくれているので、とりあえずこれを撃っておけば間違いない。
WS000220_20120924004340.jpg

とのようにスキルも面白いものが用意されており、Torchlight2の爽快感や操作する楽しさというのはかなり高品質なものに感じる。アイテムもボロボロドロップするし、ほぼボスの度に武器や防具を選定しているので、トレハン要素も非常に楽しい。唯一残念なのはスキルがツリーではない事だが、すべてのゲームにそれを求めてもしょうがないのでこれは諦めないといけないことなのでしょう。まだチェックはしていないがMOD等も作られるでしょうし、今からそれらを遊ぶのが楽しみな、質のいいゲームです。

おそらくこのスタイルがTorchlightなのだということだ Torchlight2

ようやくリリースされたTorchlight2
このブログもそのせいかアクセス数の増加の原因が、検索ワードがTorchlight2ばかりという状態。
これは多分Diablo3のせいもあるのではないかという予想。
多くの期待を裏切る形でリリースされてしまったハックアンドスラッシュタイプARPGのドメジャー作品。
それにむらがったもののガッカリな出来に新しく求めて目に付いたのがTorchlight2ということなのだろう。

しかし、残念ながらTorchlightは値段相応の出来というにふさわしい
超美麗なグラフィックでもなければ、ビルドの底も浅い、オンラインプレイもないし
キャラも3キャラなのでやりこみ要素も低い、延々とダンジョンを潜るだけのゲーム。
だが、それを補う多々のMOD達がありました。
それらの検索はおまかせしますが、はまれば延々とやる人もいるのではというモノから
いろいろプレイを補助するものまで様々。

そんなわけでリリースされた2作目のTorchlight2ですが
事前に公開されていたトレイラーのとおり、ダンジョンパートとフィールドがキッチリ存在しdiablo2のようになっている。

さて、では何が変わったのか、といわれると
もう記憶が定かではないが、正直あまり変わっていない。
プレイアブルキャラは3から4に増えたりしているが、おそらく今後MODでも対応できるのではというところ。
キャラクターのビルドに関してもスキルツリーのような熟考するものではなく
レベルによって習得できるスキルが開放されるタイプであり、目的のスキルの為にこうしてあれして
という考えをすることもなく、スキルポイントをおいておけば好きなスキルにポイントを振れるだろうという感じだ。
噂によるとスキルポイントの上限は15だそうですが、延々と振り続ける事もできるのだとか?
まだそこまでいっていませんが。

そして、いいところは多々ある。
やはり1から受け継ぐ爽快感はさすがであり
序盤でもワラワラと群がる敵を葬る爽快感と、その後に大量にドロップするアイテムには脳汁が出る。
diablo3のように渋ることもなく、おしげもなくあふれ出るアイテムには「そう!」といいたくなる。
このタイプに言える事だが、英語なんて読めなくても関係ない!中学生英語と
若干この手のタイプでよく見る英単語の意味さえわかればなんとなくプレイできる。

そして、diablo3で奪われたPOTがぶ飲みプレイである。
確かにコレに関しては賛否あるのかもしれないが、わざわざ死にやすくすることはない。
敵をバッサリ倒しにきているのだからこれでいいのだ、と私はおもう。

WS000185_20120922004929.jpg
始めて1時間程度でこの大量の敵の包囲ははじまっている。
しかし、がぶ飲みとアクティブスキルで切り抜ける。

後は足が速かったり、死んだときにはお金を払えばその場でリスポンなど
ストレスがたまる仕様は一切が排除されている。
dia3のようにやられて、敵のいない何もない道を延々と走っていってまた死ぬというような悲劇は無いように見える。


確かにスキルのビルドなどには相変わらずの不満はある。
なぜ有名な人気どころを真似しないのか、という。しかし、これがTorchlightなのだろう。
あくまでカジュアルに20ドルで楽しんでくださいというものなだろうと思うことにする。

今後は1のようにMODがリリースされることも予想されるので。
とりあえずそれまでには一通りのプレイはしておきたいものです。

紛れも無くこれはhack n slash ARPGだ。
Raptr Forum Signature
プロフィール

Author:uni0207
HN:うに

主にゲームではRPGを好む
最近はJRPGだけでなく
WRPGなども毛嫌いすることもなく
雑食的に楽しめているゲーム好き
ブログについて

最新記事
最新コメント
ツリーカテゴリ
月別アーカイブ
お気に入りサイトRSS
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
CustomCategory
TweetsWind
TweetsWind