地下4階まで攻略 legend of grimrock

地下4階まで進めました

最初の1、2階はそれほど敵も強くなく
イージー選んだのは失敗だったかな?といえるほど難易度が低く
緊張感といえば食料が尽きるのが怖いことと
たいまつの火が消えるのが怖いというところだけでした

しかし、3階からはだんだんとWRPGの怖さを見せ付けられることに

WS000004_20120718100356.jpg
WS000010_20120718100457.jpg
このモンスター、日本では弱いモンスターの代表格といえるスライムだが
やはり本場でのスライムの扱いは違う

毒の状態異常にくわえ、格子状の壁はこちらからは攻撃できないが
あちらは攻撃できるという性質を持ち、それが何体もいる中で戦わされる
当然こちらがとる作戦は一度なぐって挑発し
こちらにひきつけて倒す、といった
その手のゲームでは常套手段といった方法での戦闘をする必要がある
ちなみに毒などの状態異常を直す手段は今はなく自然治癒待ちである

一応このゲームには光るクリスタルがステージオブジェクトとして存在し
それに触れると全員死亡や状態異常も含め全回復という嬉しい仕様のものがありますが
使うとそれを一定時間使用不可能になる
時間によってまた使えるようになるのが唯一の救いであり
人によってはヌルゲーといえるモノではないでしょうか

WS000059_20120718100456.jpg
このモンスターは毒キノコ的なモンスター
おそらく名前はマイコニド?
攻撃方法は一定時間対象グリッドに停滞する毒ガスを放出する

なんといってもこの停滞する、というのが曲者で
最初それにきづかず、ドンドンとダメージを受けていってしまっていた

しかもそのグリッドに停滞するガスを放出する敵と狭いエリアで2体同時に相手をしなければならないのだ
なかなかのガチバトルで戦い終わった後は悲惨なことに
すぐ上の階に戻り、前述のクリスタルに触れられたのが唯一の救いですが
状況判断と操作テクニック、両方を要するゲームであることがわかります

3階からはようやく投擲武器ではなく、射撃武器が手に入り
左下のローグの女性のキャラがようやく効果を発揮
ビルドもようやく躊躇なくmissile weaponにふることができた
当然人によっては投擲武器のthrow weaponにふる方もいるだろうが
投擲武器はやはり火力として心配なところがあるので
同じクールタイムが設けられるなら火力の高い方を、とおもい
射撃武器を待っていた

しかし、このゲーム戦闘が敵の行動パターンが多彩かつ
こちらの位置取りや操作を乗り越えて勝利するシステムが面白いのですが
メインにおかれているのはあくまで謎解き

それはクイズのような問いかけであったり、ステージギミックをどう扱うか
といったところにメインがおかれている

最初のほうは攻略サイトをみなくてもわかるものだったが
ここまでくると英語ということもあり、攻略サイトのお世話にならないと無理だ
おそらく英語が達者な人なら余裕でわかるところは多々あるだろう

しかし、攻略サイトを利用しても若干のアクション性や操作テクニックなどがあるため
完全な攻略ではなく、若干のアドバイス程度に書いてある攻略サイトでは完全にトレースできず
ところどころ自分で考えて操作をしてクリアするところも少なくない


ちなみにこのゲーム、最初にgrimrockというダンンジョンを選択したが
それ以外に選べるものはなかった
どうやらそれの意図としては作者がマップエディットツールを配布し
プレイヤーで作成したマップを楽しむ要素があるようだ
残念ながら今はそれは完成していないので
今のところはgrimrockでしか楽しめないが
近い将来、昨今のMODで楽しみを増やしているゲームのようになる日がくるのでしょうか

残念ながら戦闘システムは面白いが
謎解きがメインのこのゲーム、何周もする気にはならないのが正直なところ
故にどちらかというと戦闘をメインにおかれた
つまりキャラのビルドや操作による戦術性が必要なマップが登場することを願う

~~~~~~~~~~追記~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
地下4階 攻略 の検索でこられる方がおおいので
おそらくですが、アイテムをポータルに投げて、というところで詰まっているのではとおもいます

私も相当悩んだのですが
アイテムとして投げるのではなく
投擲武器を装備をして攻撃してみてください
すると解決するとおもいます
スポンサーサイト

自分にとっては新体験のRPG Legend of grimrock

本日よりsteamでサマーセールが開始され
前より欲しかったlegend of grimrockが66%offということで早速購入してみました

内容は私にとっては新しい体験ができるRPGでありました
古くからダンジョンマスターなどに慣れ親しんだ方には
そのオマージュ的作品に思えるのかもしれませんが
それらしい作品といえば
ダンジョンマスターネクサス、キングスフィールド、シャドウタワーくらいしか
触ったことがない私には未体験ゾーン

WS000006_20120713120202.jpg
詰むのもいやなので、とりあえずはイージーでやってみましょう

日本のゲームであれば迷わずノーマルを選ぶのですが
なにぶん、英語であることや、初プレイのジャンルであることから
ノーマルに適応できるほど自分のプレイヤースキルは無いとおもいますので


前おきがありながらもほぼ何故ここにきたか、というようなもので
開始2分ほどでゲームははじまります

グリッド形式で移動するダンジョンです
いわゆるWizardryのような感じでマップを移動するわけですね

しかし、もう早速そういった通常のダンジョンRPGとは違ったところが現れました
いわゆるダンジョンギミックというやつです

WS000069_20120713120201.jpg
よく壁をみたらちょっとおかしなところがあるので、それを押したらシークレットエリアが現れたり

WS000047_20120713120200.jpg
自分がのっている間は扉があくが離れると閉じる
なので、そこらへんに落ちている石なんかを置いてあいたままにする
よくあるギミックですが普通主観視点のRPGではあまり無いパターンですよね

進んでいくと早速敵がヌルヌルと移動して現れました
リアルタイムでグリッドを移動しながらの戦闘の開始です
WS000077.jpg

しかし、攻撃の仕方がわからない
左クリックしても反応がないし、右クリックしても同じ
とりあえず攻撃がくらわないよう、逃げ回りますが
チュートリアルをきっちり見直して、ようやく攻撃方法が判明

WS000113_20120713121041.jpg

右下のキャラクターの武器のところにカーソルを合わせ、右クリック
これで攻撃です
リアルタイムなので、うまくグリッド移動をすれば敵から逃げ回れますし
攻撃のクールタイムもあります
要はいかにキーボードとマウスを的確に操作できるかが勝利へのポイントというわけですね

後に判明したことですが一番右下にいるメイジは光っている手を右クリックし
さらに出てくるスペルを右クリックで魔法発動となります
このSSではそんなことはいざしらずとりあえず装備できるものをつけていました

この後どんどん進んでいきレベルアップ
するとスキルポイントがもらえ、自分の好みのタイプにビルドしていくようです
とりあえず前衛は武器の扱いがうまくなるように極振り
そうすることで攻撃のクールタイムが短くなったりするようですので
この後後衛もレベルアップしましたが後衛は少し育成に悩んでいますので
特にメイジ、あまりにも魔法の種類が多いため
どの魔法をあげればいいのかというのが現状では把握できないため保留にしています
WS000323.jpg

このあと2時間程度ぶっつづけで遊んでしまいました
現在2階を攻略中
とにかくギミックが多く
敵と戦闘をするのがメインのRPGというよりは
謎解き(ステージギミックを突破する)がメインのRPGです

そして何よりもリアルタイムであるということにせかされます
例えば松明などダンジョンのいたるところに設置されていますが
それを持ちながらダンジョンを進むわけですけど、松明の火がどんどん消えていきますし
時間がたてばおなかが減ります、敵がドロップするアイテムを食べて
満腹度を回復するんですが、何に関してもリアルタイムであることが
面白いと同時に、それが怖いRPGです
謎解きに悩みうろうろしているうちに松明は消えていくし、お腹は減ります
極力動きの少ない行動でクリアしていかなければなりません

イージーなので、そこまで難しくなるとは考えにくいですが
このゲームの旨味は十分わかることが出来ました

なかなか既存のゲームで説明できにくいゲームですので
かなり新しい体験をさせてくれるRPGだと思いました
ぜひとも攻略してみたいものです
Raptr Forum Signature
プロフィール

uni0207

Author:uni0207
HN:うに

主にゲームではRPGを好む
最近はJRPGだけでなく
WRPGなども毛嫌いすることもなく
雑食的に楽しめているゲーム好き
ブログについて

最新記事
最新コメント
ツリーカテゴリ
月別アーカイブ
お気に入りサイトRSS
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
CustomCategory
TweetsWind
TweetsWind