スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2章まで セブンスドラゴン2020

以前にバランスがよいことで取り上げたセブンスドラゴン2020ですが
先日の記事のときは
1.5章というなかなか中途半端なところだったのですが
現在は2章のおそらく後半に突入中

どんどんと東京のマチを開放していくのですが
何度か遊びに行った程度でまったくいったこともない土地を舞台にされていることもあり
なかなか感情移入できないところがあります
これは結構再現しているのかな?とおもえるところも
行ったことがないのでなんとも評価しづらい

これは女神転生シリーズでも毎回おもうことでもあります

現実世界が異世界に、という設定はいいとおもいますが
知らない土地の人であればなかなかそこにニヤリとできるところがありません

さて、ゲームの内容の話に戻ると
相変わらずバランスは秀逸です

特に大ボスに関してはそこが顕著で

これって使うのかな・・・?というようなスキルを大ボスでは大活躍だったりします

私のパーティはサムライ、サイキック、トリックスターという
恐らく定番というようなパーティ構成だと思います。

高火力のサムライ
魔法アタッカー、ヒーラーのサイキック
盗賊タイプのトリックスター

そこで利用価値はあるのか疑問だった
サムライの納刀スキルがあるのですが
これは納めた後にしか撃てないスキルがあるのですが
これがなかなか使えます
納刀に1ターン使いますので、それが無駄だろ
とおもうのですが、それからでしか使えないスキルには
特殊効果や属性効果もついていますので
ボス戦のここぞというところには利用価値がありました

最速行動+自己回復というのも延命するためには必須
あとは、10ターンまで毎ターン火力アップというスキルでしょうか

ボスではやはり10ターン以上になることもありますので
毎ターンに10程度のダメージといえど伸びてくれるのはありがたい

しかし、同じコンポーザー作品だったりする
世界樹の迷宮とセブンスドラゴンなわけですが
世界樹の迷宮4の体験版でも意外と印象に残る戦闘音楽などですが
セブンスドラゴン2020はまったくいいと思える楽曲がないのが残念です

スポンサーサイト

正統派RPG セブンスドラゴン2020

最近PSPではセブンスドラゴン2020を遊んでいます

まさにJRPGというに相応しい

キャラクターデザインのアニメチックなところ
それに付属できる豪華声優陣のボイス
ちなみにボイスサンプルだけでなく、声優さんの名前からも選べるという仕様・・・
シンプルながらも幻想的で魅力的なグラフィック
有名コンポーザーを使ったBGM
適度な難易度

さて、この中で取り上げるべきは
開発のイメージエポックといえば、あまりいいイメージを持っていない人も多いと思いますが
ここの会社、めちゃくちゃゲームバランスをとるのがうまいと思っています
それもこのセブンスドラゴン2020に活きていると感じる

過去の作品にアークライズファンタジアというWiiのRPGがあったが
あれも、かなりバランスの取れた作品であった
しかし、あまりのボスの硬さ故に回復アイテムを大量に持ち込み
ギリギリの攻撃をしてくるんだけどしっかり回復をしていれば負けることは無いといったところがあった
そして何よりも敵のHPが多く、一回のボス戦が非常にながったるいものでもあった

それを払拭するかのようなバランスの作品が本作だが
まずは現在数時間程度進めたところだが
ボス戦が長いと感じることは無い
しかし、絶妙な難易度だ

おそらく、誰しもが何度かは全滅を経験するであろう難易度であるのだが
全滅後のリトライや、比較的ボスのHPもスタンダードな設定で、ステレスが少ない
あそこでアレがこなかったら・・・などといったところもすぐにリトライできるので助かる

ボスのHPは低いのに何故ボスは強い?というと
おそらく敵の火力にあるだろう
こちらは3人PTであり、回復薬、攻撃役となかなかきれいに配分しにくい構成になる
つまり回復役は毎ターンアイテムを配ったり、魔法を配ったりという
4人PTなどでおこりがちなパターンにならないのがひとつだろう

そんな中敵の火力は1回の攻撃で半分、まずいときは2/3ほど奪いにくるのだ
一度崩れると、なかなか戦局を立て直すのは難しい

このままではまずいとおもったとき
しかし、その頃には敵のHPもあと数発というところまで減っているのである
実に絶妙だ

勿論開幕でやられてそのまま何も出来ずに終了なんてのも無いわけではないが

スキルの存在も大きいだろう
ただダメージを与えるだけでなく
ダメージを与える+最速行動 だったり
自分を回復 + 最速行動、ダメージ+毒や麻痺
数ターンの間攻撃された敵にダメージを与える
などといった付加効果が多く用意されている

それを駆使し攻略していくのが楽しいRPGだ

惜しむらくはストーリーだろうか
JRPGといえばメインキャラクター達の人形劇や会話などを楽しむのもひとつだが
キャラクターメイキングタイプのRPGのため
そういった要素が完全に無いので
NPCが勝手に話を進めていくタイプのシナリオで
ドラクエをいまどきのアニメ風にして難易度をもっとシビアにしたという感じだろうか

何にせよ、すべてにおいて「優」はあげられないものの
「良」が多いRPGだ
Raptr Forum Signature
プロフィール

uni0207

Author:uni0207
HN:うに

主にゲームではRPGを好む
最近はJRPGだけでなく
WRPGなども毛嫌いすることもなく
雑食的に楽しめているゲーム好き
ブログについて

最新記事
最新コメント
ツリーカテゴリ
月別アーカイブ
お気に入りサイトRSS
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
CustomCategory
TweetsWind
TweetsWind
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。