スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3DダンジョンRPG ロストヒーローズ ファーストインプレッション

というわけで、3DS版のロストヒーローズを購入してみました

世界樹の迷宮がヒットして以来
携帯ゲーム機にコンスタントに出ている3Dダンジョンを探索するRPGですが
日本では受けがいいそうです
元来このジャンルはwizardryが元祖だとおもいますが
本国よりも日本で人気が高かったそうな
さて、そんなうんちくはともかく

ロストヒーローズのファーストインプレッションを述べたい、久しぶりの感想記事になる

まずは結論から
期待はずれだったということ

発売前のトレイラーから「3DダンジョンRPG」「育成システム」と
煽り文句としてはかなり期待をさせてもらったが
封をあけてみると3Dダンジョンを(主観視点で)探索する普通のRPGで
育成システムも底が浅いことが、少ないプレイ時間で感じてしまった

世界樹の迷宮の1と2を作ったランカース製作ということで期待していたところがあったのだが
やはり世界樹が合わない私には合わないゲームであった

まず定義づけなんていう終わりの無いテーマになってしまうが
私の中で3DダンジョンRPGというのは
主観視点でダンジョンを探索するだけのRPGをいうのではない
いわゆる女神転生シリーズなんかはダンジョンRPGには含まないといった考えで

例えば隠し扉があったり、ダンジョン内にギミックがあったり
トライ&エラーで強い装備を拾い、レベルを上げキッチリと強くなっていき
何往復もして踏破していくというものを期待する

今流行っているのは、いわゆる女神転生シリーズに代表されるような
主観視点で探索して、ストーリーに順じて探索するダンジョンが変わっていくものだろう
これはあまり好みではない
結局のところドラゴンクエストを主観視点にしただけに過ぎないRPGだと感じてしまうからだ

次はかなり期待していた育成要素だが
ここが一番裏切られたところでもある
3DダンジョンRPGというところは、ストーリー性をもっているということは予めわかっていたことなので
ある程度覚悟していたし、おそらくそうだろうとおもっていたのでダメージは少なかったのだが
育成要素に関しては違う
かなり期待していた分反動が大きかった

育成要素を売りにする以上、その育成要素というのは面白くなければならないだろうが
このゲームのスキル取得などはスキルツリーを採用している
強いものの前には、その前の段階の弱いのを取得しておかないといけない、といったあれだ
スキルツリーによる育成システムというと、この手のものが好みの方は
こういった育成にしてみよう、こいつは手数勝負で・・・そのためにはこれが犠牲になって・・・
というようなメリットデメリットをわかった上で方針を決めて育成するだろう

しかし、実際はAPとよばれる戦闘すればかならず手に入る経験値みたいなものを
自由にいくらでもふりわけていける
勿論強いスキルの前には前準備のスキルを、といった制限は当然存在するが
このスキルはこのLVまでに留めておかないと、あれを取れなくなるから・・・といった考えが必要ない
強くなるためにAPはバンバンふっていけばいい

スキルツリーだが分岐した先は一つしか選択肢がなく、3つに別れているのでどれを選ぼう・・・
と考える必要もなく、分岐した先のどれでも自由に取ることができる
分岐先を自由に取れるのはわりと普通ではありますが、やはりいくらでも手に入るAPというのは問題だろう

つまるところ、このゲームには「詰み」というものが存在しない
長くゲームをするのだから「詰み」は個人的にもいただけないが
自分でしてしまった選択を改めるには、相応のデメリットというのがあってもいいだろう
例えばレベルリセットなりが存在していてもいいものだが、これは
いくらでもAPが手に入るので時間さえかければすべてのスキルを最強にできる
なんていう、とても浅いシステムになってしまっている

世界樹はビルドが大事というのは過去作品のプレイヤーからも聞いていたので
同じ開発会社ならば、そこは受け継いでくれるだろうとおもったが、そうではなかった
非常にガッカリだ、いろいろ考えていたがその考えがすべて砕かれたのだから

おまけにやはり世界樹の流れをうけついでいるのか素材ゲーでもあった
これは残念だったのだが、その素材の使い方が世界樹よりも上手い
敵を倒したときに低い確立で手に入るフォースというもので、条件がそろうと
キャラに依存したスキル以外にパーティ内で自由に共有できて
付け替えできるコモンスキルのようなものを取得できる

これがいわば、このゲームにおける考える余地にはなるだろう
ガンダムをヒーラーにするのか、ウルトラマンをエンハンサーにするのか
といったところは面白いところではある

現状のところ難易度は高めであり、ボス級が出てくれば何度か全滅する難易度ではある
この難易度は好みではありますので、そこは評価したい
雑魚も手ごわいものもいますし
戦闘のテンポは、普通、速め、高速といった感じで選択できるのでテンポもいい
ガッカリしたゲームだが基本はおさえてきていると感じた

並行してトゥハート2ダンジョントラベラーズをプレイしていますが
こちらは私のいう真正のダンジョンRPGで、こちらの出来がよすぎるし、自分好みすぎたために
ロストヒーローズの出来が霞んでみえている可能性は大いにある
スポンサーサイト

シンプルなデザインに新しいシステムのRPG ブレイブリーデフォルト

本日3DS用RPGの
ブレイブリーデフォルトの体験版が配信されたので早速やってみました
感想としては、タイトルの通りで
今時のフォトリアルや、トゥーンを極限まで追い求めているグラフィックと違い
PVなどからも感じられますが、なつかしい感じのグラフィックを3Dで作りだしている
という印象です。
そして、だからといって決してグラフィックに手を抜いているというものでは無い

今回の体験版は戦闘システムを遊べるということで
RPGにおいて戦闘は最重要項目と思っている私には購入するかどうかの決め手になるものでした
そしてその感想がタイトルどおり
シンプルなターンRPGだが、新しいシステムも搭載されている戦闘システムということ

何よりも
防御をして、行動ターンをためることができる「デフォルト」と
貯めた行動ターンを解放する「ブレイブ」
これがあったようでなかったシステム
よくある行動コスト性の戦闘システムに近いといえばいいのかもしれない
コスト性の場合、まずはターンという概念が無い、つまり敵と味方がすばやいほど
早く行動がまわってくるアクティブタイムのタイムが溜まる過程を省略したといっていいシステムだろう
そして今動きたくないときは、なるべく行動コストの少ない行動をし
次の順番を早くまわってくるようにし好きなところにするのだが

このゲームの場合、きっちりとターンが決まっている
味方の数と敵の数だけ行動すればターンは終わり
また最初からコマンドを選んでいくシステムだ
ここまでだとよくあるコマンドのターン制のRPGであるが
そこでスパイスをあたえるのがブレイブ&デフォルトシステムだ

コストでは行動を遅らせるときに防御などをするが
このゲームでは防御=デフォルトであり、そのターンは何もせずに
行動回数を貯金することが出来る
そして次のターンにブレイブをし、貯金を解放すると2回行動できるといったものだ
ちなみにデフォルトをやらずともブレイブをする事が出来
最高1ターンに4回まで動けるようだ、ちなみにブレイブを行った分の
マイナス分は何も出来ないターンが続く

これだけシンプルなのに結構戦略を生み出してくるのが面白い
例えば思い当たるだけでも、こういったときにいいなとおもったのが
皆さんの中にはもうザコ敵なんて敵の行動すら見ずに片付けたいとおもったときはあるだろう
そのときに速攻でブレイブを行い一人4回動いて撃破すればいいのではないだろうか

そして敵もこのシステムを使ってくる
デフォルトで貯金されると次のターンか、今後に動いてくるのが面倒なので
こちらはブレイブで複数回動いて、貯金している敵を速攻で撃破するといったところも面白い

ボスなどではブレイブを複数回使ってきて
こちらの戦局をいきなり崩してくるといった行動も面白かった

シンプルではあるが、光るものがあるコマンドRPG
中々に旨味があるタイトルなのではないでしょうか

人気作だそうなので早速やってみました 世界樹の迷宮4

本日より配信された
世界樹の迷宮4の体験版ですが
以前1をプレイしたときにすぐやめてしまった経緯がありますが
世間の評価は世界樹シリーズは上々のようで
KH3Dのように、体験版で興味が変わることもありますので
やらないのはもったいないとおもいやってみました

以前1をやったときに
あまり面白みを見出せなかった自分としては
4の体験版でどう印象が変わるかというのは
やる上での注意点でした

遊んでみてのまずの感想は
良い点は
3DSならではの3D立体視が非常に効果が強い
奥行きがかなり出ています
3Dダンジョンで、というよりも会話パートでですが・・・
レイヤー毎に奥行きを感じられる立体視であります
逆にダンジョン移動部分では最大にしてもあまり効果は感じられません
戦闘シーンはUI部分とモンスター表示領域に差があるように感じられ
奥行きを感じることが出来ます
しかしモンスターと背景というところではあまり感じられません

そして変わらないシンプルさ
WIZライクなダンジョンRPGだということ
それでいて素材を集め、お店に売却することで
新しい武具が販売されるという
WIZや、そのフォロワーといったものとは少し違ったトレハンといいましょうか
独自のシステムを持っているんだなというところ

最近のJRPGにも多いスキルポイントでキャラクターのビルドをしていくシステムだというところ
これはどう育てるかでかなり差がうまれてくる面白いポイントなのではないでしょうか

私もこのブログでいくつかダンジョンRPGをとりあげるほど
ダンジョンRPGが好きですから、1時間ほどやってみましたが
1同様、やはり何故かダメでした

理由として明確になったのは以下のとおり
・マッピング
このゲームは1から人気なのか
マッピングを下画面を使ってやらされます
一方通行やトビラなどを専用のタッチパネルを用い方眼紙に書く要領で記入していきます
正直面倒以外この上ないので
私のような面倒な人用にオートマッピングがほしいところ

・やりたいのは素材集めではなくトレハン
どう違うのかというと
要は強い武器や防具をそのまま拾いたいのであって
素材を拾いたいわけではない
「?剣」や「?防具」を鑑定したいのであって
素材を売って新しい武具を出現させたいわけではない

大きくこの2点が私には合わない理由なのだとおもいます
アクションゲームなんかの場合は操作自体にゲーム性が発生しますので
素材ドロップでもいいとおもっています
代表例でいうとモンハンシリーズですね
逆にあれで武器がドロップするとやや興ざめではあります
しかし、これはコマンドRPGです

シンプルな操作で戦闘をし、LVを上げ、スキル、装備を整え
じわじわダンジョンを進行するのが楽しみの一つなはず
そこで素材を手に入れマチに帰り、お店に素材を売却し現金で強い武具を購入
またダンジョンへ・・・

そう考えると、やはり素材というところは違うとおもいます
ダンジョンで手に入れた「?」なアイテムを持ち帰り、または専用スキルを使い鑑定し
その場で一喜一憂する、一気に、または徐々に強くなるそれに旨味があるものですから
それは諸刃の剣でもあり、ゲームバランスが壊れやすいという弱点もありますが・・・
しかしそれを含めダンジョンRPGを楽しんでいるところはありますので
○○が売り出された!は、自分にはちょっと違うな、という感じでした

おそらく非常にゲームバランスがとりやすいのでしょう
極端に強い武器なんかがいかに低確率とは言え手に入るのと入らないのとでは違います
そういうところは、いかにも日本的といいますか
想定しうる強さで、攻略してください、という開発者からの
ちょうどいいバランスを提示されているゲームではあります
確かに、売り出されたアイテムは高価ですぐに手が出せるものではない上
敵の攻撃は割とアグレッシブで、回復をおこたると序盤にもかかわらず死ねるバランスではあります

ひょっとすると武器ドロップなどもあるのかもしれませんが
体験版をやった限りはそういった点は見受けられませんでした

1をやっていた自分と
今4をやった自分で何か変わっているものがあるかなとおもいましたが
当時微妙に感じたことが明確化されただけで
感性は変わっていなかったようです
少し嵌ることを期待をしていた作品なだけに残念な結果になりました

しかし、今回は私には合わなかったというだけで
このシリーズを好きな人にはバツグンに合うことでしょう

体験版だけでも楽しめた KH3D

5/2に体験版が配信されたということで
先ほど体験版をDLしてみました、KH3D(dream drop distance)

遊んでみた感想は進化している

私が遊んできたKHからは
フリーフローアクションが大きく進化した点でしょう

といっても進化というよりも
追加システムというべきだろうか

Yボタンで壁や柱など
反応できるオブジェクトに接触すると
発生するこのシステムが非常に楽しい
無条件にそういったオブジェクトに干渉すると発生し
いつでも何度でもそのアクションが出来ます
発動している状態(体がピンクに発色している時)であれば
大ジャンプなどが出来、今までは上から眺めることも出来なかった
トラヴァースタウンを上空から見下ろすことも出来るのだ

いわゆる壁をけって高速移動や大ジャンプができるアクションなわけですが
これにより相当な爽快感を得ることに成功している
そこから敵に攻撃すると独特な攻撃方法になることも
アクション戦闘として楽しいところである

もし今後もKHシリーズが出るとするなら
このシステムは必須ではないだろうか
寧ろ、これが無いと経験したものからすれば不満になるのでは
少なくともこれが搭載されていないと今後のKHは
私にとってまた退屈なものになってしまうだろうと予想する

これはシリーズである限り仕方ないが
相変わらず、このフリーフローアクションを使わない戦闘システムは退屈だ
妙に滑らかに振りの大きい攻撃方法
独特なふわふわ感
コマンドを選んでのアビリティシステムなど

次はここの辺りをUI変更
またはボタンの割り振りを変えてみるなどの処置をしてほしいところだ

安くなればそのうち買ってみるのもいいだろうと思う体験版だった
Raptr Forum Signature
プロフィール

uni0207

Author:uni0207
HN:うに

主にゲームではRPGを好む
最近はJRPGだけでなく
WRPGなども毛嫌いすることもなく
雑食的に楽しめているゲーム好き
ブログについて

最新記事
最新コメント
ツリーカテゴリ
月別アーカイブ
お気に入りサイトRSS
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
CustomCategory
TweetsWind
TweetsWind
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。