スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PlayStationVR初体験 サマーレッスン

感想はナマモノだからもう書いておこう。本日、大阪にてPlayStationイベントに参加し、PlayStationVRやらイグジストアーカイヴや、スターオーシャン5などを体験してきた、のだけど、ここで書くのは当然VR。

遊んだソフトはサマーレッスン。

感想としてはとんでもないもの、である。もはや現実から離れる場所になったというところまである。

ある部屋に少女と二人でいるだけで、10分くらいを過ごすだけ、というものなのだけど、臨場感はもう恐ろしい。


今までいた黒い空間がゲームの世界になった。自然に立ち上がり、徘徊しようとする、すると画面はリンクして動き出す。

置かれているぬいぐるみ、タンス、ベッド、勿論少女、それらに触れてみようとしてしまう程。動かない事がむしろ不自然なくらい。

少女が英語の文字の羅列がかかれたノートを読み出し、それを自分がイニシャライズされた場所に自分(現実の)のモデルがゲーム中に残っており、そこが初期位置だとわかるようになっているのだけど、そこにいるときはノートの外側、少女側に近づくと上記したように文字が読める。

下から覗こうとすると、画面が暗くなってしまうようになった(スタッフ談)。のだけど、もう大興奮の数分だった。

最後は落とし穴におちてオチとなるのだけど、この落とし穴に落ちるとき、高所恐怖症が若干ある私にはリアル過ぎて足がすくんで椅子に座ってしまう程のしかけ。

いつ出るのか、何円なのか、それはわからないけど、もはや完全にわれを忘れるデバイスだ。

少女の造形が少しブサイクだとか、そんなことはどうでもいい。とにかく発売されて楽しい体験をもっとしてみたいものだ。
20150927203524317.jpg
スポンサーサイト

究極のリセットゲーム ラジアントヒストリア

リセットボタンを押してゲームをやり直すのは昔からよくあった。今ではリセットボタンはなくなっているけども、ソフトリセットとかは存在している。そうやって都合のいいようにやり直すことは人間ならば当然じゃないだろうか。

数年前に投げ売られていた高評価のDSのソフト、ラジアントヒストリア。今頃になってやってみたのですけど、これがめちゃくちゃ面白い。

実はこのゲーム、最近始めたばかりではなく、お盆のあたりから始めていたのでルートダブルと並行してチョコチョコ遊んでいた事になるのですけど、取り敢えず先に一区切り付けたかった為ルートダブルだけをまずはクリアしきった。

そんなラジアントヒストリアは表題でも書いた通り、リセットゲーだ。電源ボタンやソフトリセットを使ってリセットするのではない。ゲームの中に、あの時点に戻るという仕組みが織り込まれているのだ。

あの時ああでなければ。この時にあいつがいてくれたら。

そんなifの世界を作り出し、攻略していく。ぶっちゃけると、主人公に都合が悪いのでやり直しましょうってもの。

物語は一本道ながらも大きく2本に別れていて、それらを渡り歩きながらクリアしていく。

Aの世界ではあいつがいないけど、Bならあいつがいるので、そいつからアイテムを借りよう。みたいな感じで。Aだけを進めていても必ずBをやる部分が出てくる部分が一本道たる所以だ。しかしながら、ゲームのシナリオがのめり込むほどにおもしろい為一本道かどうかなんかはどうでもよくなる。

■シナリオ
よくある世界がこのままでは終わるので救いましょうというもの。しかし、実質2本分にあたるといってもいい違う世界をいききし、2つの世界で認識が違うシナリオはアクションアドベンチャーなどで、ここであれが手に入ったらあそこの宝箱取れるんじゃないの、というワクワク感が強い。

しかし、残念ながら低予算だったのか、物語に関わってくる半数くらいの主要人物にはバストアップ絵が無いため、頭の中が整理できていないと、○○に会いにいこう、といわれてもどんなやつだっけとなってしまう。少し間をあけてしまうとそういうことが起こる。

■戦闘
味方に隊列の概念はないけれど、敵にはあり、敵は3x3のグリッド内で動き回る。それを利用して敵は真ん中の列は防御力アップなどを使用してくる。対して味方側はそれをずらす仕組みを有している。

例えばプッシュアサルトという技を使えば前列にいる敵を一番後列まで動かす事ができ、その際後列に敵がいた場合は味方の行動ターン内では同じグリッドにいると判定され、そこに魔法を使うと2体の敵に魔法が与えられる。

右にずらす、左にずらす。手前にずらす。これらを使い如何に少ない手数とコストでどれだけ多くの敵を沈めるかが重要になる。なかなか新しいシステムになっている。

たまに存在している動かすことが出来ない敵などもいいスパイスとなっているだろう。

味方の行動順番を防御力を犠牲にして変えることもでき、パズルのような戦闘システムが特徴で、もう早くもラスト付近なのですけれど、あまりにも魔法頼りなのでバランスが少し取れていない印象を受ける。序盤はそうでもなかったのですけれど、言わば武器使いは敵をずらす役になってしまうのが残念だ。

難易度としては程よいくらいだろうか。ボスは用意をしていかないとやられる時もあれば、初見でもOKなときもある。が、少し雑魚が硬すぎる傾向があり、戦闘システムを使いこなしても尚一撃で屠れない上に反撃が痛いので、雑魚はレベリング以外はほぼ避ける事にしている。

味方キャラクタは2つの世界で入れ替わり立ち替わりなので、基本的に主人公と最初についてくるお供2人が魔法使い、回復サポート役と整っているので、あまり他のメンバーを使う必要がないのも残念なところだ。システム的には面白い仕組みを使っているキャラクタたちなので、ここまで激しい変動がなければ使っていただろう。

■音楽
良いなと思っていたらやはりというか、スト2、ライブアライブ、キングダムハーツでおなじみの下村陽子氏が担当しているようだ。

■システムまわり
基本的にテンポが悪い。会話の表示も遅いし、戦闘のテンポも結構悪い。演出が長いのではなく、ゆっくりなのだ。これは割とストレスがたまる。それ故に戦闘が早く片付いた時は嬉しいものだったりするのですけれど。もう少しここはどうかすべきだっただろう。

この発展はあり ジージェネレーション フロンティア

先日からAndroidやiOSにて、ジージェネレーション最新作でもある、ジージェネレーションフロンティアの配信が開始されたようです。

ためしにやってみたのですが、既存のジージェネとは違いRTSになっているためせわしない操作が求められます。しっかりしたRTSかといわれると、まだ序盤なので1ミッション自体が1分以内で終わるため何も考えずに行軍するだけで勝ててしまいますが、ユニットによってSレンジ、Mレンジ、Lレンジといった要素があり、攻撃範囲が決まっています。

さらにソーシャルゲームにありがちなコスト関連も相まって戦艦に好きなだけユニットを搭載することができなくなっている。

これは今後続けていくことで行軍やユニット編成に試行錯誤するなら、新しいジージェネのフォーマットとしてよいかもしれない。

ジージェネは強いユニットが簡単に手に入ってしまって、序盤からヌルイゲームとなってしまい、飽きがきやすいが、ユニットの強化はミッションクリア時に手に入るカードやガシャによるカードでの合成というところから簡単にユニットの開発や強化が行えない為、この一見悪徳な商法に見える手法が意外とゲームの寿命をながくしそうになっているところが面白い。

つまりコンシューマゲーム=購入すれば好き勝手にできる。という図式に対して
ソーシャルゲーム=(リアルマネーをかけず)強くなるには運と時間が必要、というのがゲーム寿命が短いケースに陥るジージェネには割りとあっている。

当然既存ユーザーで好きなユニットを作って最強軍団を作る、といったロマンプレイはできない為、そういった「キャラゲー」として楽しみたい人には、このソーシャル商法は悪だろう。

とりあえず序盤はLレンジのユニットをメインで使って、近づく前に倒すというのが常套手段になるかもしれない。

本家のジージェネがアニメや操作性の快適さがパワーアップしているのに対し、ゲーム性としてはまったくの成長しないところが不満だったわけですけど、RTSとしてリリースしたのはなかなかに面白い。

スパロボもグリッド移動ではなくフリーエリア移動のシステムのもの(スパロボNEO)があったり、RTS要素のものがあったり(スクランブルコマンダー)、挑戦しているけれど、スパロボはやはりグリッド移動して行うものだろう。という認識が強いため、受け入れらていない印象を受ける。

そういった意味でもこのソーシャルから切り込んだ新しいジージェネのスタイルは今後にどう影響があるのか楽しみなところだったりする。

興味のあるかたは、招待IDに29176481を入力すると、何か「アレハ、イイモノだ・・・」というのが貰えるそうです。

ハーデストクリアもみえてきた 斬撃のレギンレイヴ

色々並列処理的に進行しているゲームはありますが
未だにメインで遊んでいるのは斬撃のレギンレイヴ

まさかこんなにまで遊ぶとはおもってませんでした。
確かに面白いのですが、単純作業というのは否定できないゲーム性ですし
しかし、新しい武器を作ることによって
攻略パターンが変わったり、攻略時間が短縮される
やればやっただけ強くなったのを実感できるところが
このゲームを続けられるモチベーションになっている。

今はハードのクリアは余裕で出来ましたので
武器をそろえるために、難易度ハーデストで稼ぎ中です。

以前書いたときはハーデストなんてとんでもないという感じでしたが
武器も強くなり、HPもあがり
簡単なステージや稼ぎステージというところは割りとクリアできるようになってきた

基本的にフレイ操作で稼いでいますので
フレイの武器は
ウルの剣LV2、神槍フレイドマル

フレイドマルは絶属性攻撃なため
どの敵をどの部位で攻撃して倒してもヘッドショット扱いになるため
非常に結晶稼ぎがしやすい

ウルの剣LV2は最近できたところですが
そこにいたるまでは大剣のカラドボルグをメインで使用していた。
弱攻撃からはじまり、弱攻撃のダメージが相当高いので非常に使いやすい

今は槍LV6を目指して稼ぎ中
しかし、まだまだラストのほうのステージのハーデストは安定しないときもありますので
HPの底上げも相当必要に感じている
10分のステージでマナ結晶が8000程度
HPを20あげるのに今は2000程度必要なので
1000あげるだけでも相当骨が折れる

以下の動画がかなり今の私の最近に近い状態
パラメーターや武器などは細かくは違いますが

究極のごっこ遊び 斬撃のレギンレイヴ

暫く更新が滞っていましたが
理由はタイトルの通り

Wiiの斬撃のレギンレイヴが楽しすぎるため、更新をするネタを用意できなかったわけです
キャプチャ環境も変えてしまったため
Wiiをキャプチャするのはなかなか骨が折れまして
キャプチャ画像を用意できないのですが
今更このゲームの感想を述べたい

販売は任天堂ながら
開発はサンドロットということもあり
激しい血しぶきが飛び回る、ある意味HDゲームよりもゴア表現がすごいゲーム

ゲームの定義や楽しさは人それぞれでしょう
私にとっては、このタイトルは「究極のごっこ遊び」なわけです

ごっこ遊びといってもRPGでもキャラクターに思い入れして
ストーリーを堪能するのもごっこ遊びなわけですが
ボタンを押して、その通りにキャラクターが動くのもごっこ遊びでしょう
キャラクターの動きであるアウトプットはゲームによって違い
ひとつボタンを押すだけで派手な動きをするものから
地味な動きをするもの、さまざまですが

なんといってもこのゲームの旨味は
Wiiリモコンを使った直感的な動作でしょう
発売前からWiiではこういったゲームが出来るというのが売りだったわけですが
ハード的な制約で出来なかったようです
例えば剣をふるモーションをするとして
リモコンの上面を上に向けないと認識されないというもの
ですが、モーションプラスをつけることによって
そういった制約はなく自由自在な操作が出来ます
この恩恵により、まさに自分は
主人公になりきり、剣を振り、槍で突き、弓を引き放つことができる

このゲームの設定は北欧神話であり
プレイヤーは神という設定で、敵はとんでもない大きさをほこる悪魔達で
プレイヤーキャラの何倍もあるモンスターの手を切り裂き
頭をぶっ飛ばし、足を引きちぎり、体を切断する
その操作を直感的に出来る
まさに究極のごっこ遊びが出来るわけです

プレイ状況としては
発売当時にオンラインプレイで70時間ほどプレイして
それから眠らせていて、ちょこちょことストーリーモードを遊んでいたのですが
今はノーマル難易度をクリアし、ハードモードを稼ぎながら遊んでいる
こちらのプレイ時間は40時間程度
つまり100時間ちょっとプレイしたことになるだろう

モンハンなどと同様に素材を集め武器を作りだすゲームであり
ステージをクリアし、その素材を使って新しい武器を作って
更に同じステージをプレイしたときの明らかに感じる強くなった感覚は
所謂狩りゲーのそれより感じやすく
新しく武器を作ることが非常に楽しみになる
難易度の制限によって武器の生成制限などもないため
どれだけ下手でも低難易度で素材を稼げば圧倒的な火力の武器を作れるところも面白い

約300種類の武器のうち120ほどなので今で半分
まだまだこの熱は冷めそうもないですし
やるべきゲームは沢山あるが、しばらくはコレに執心しそうだ

開発元であるサンドロットですが
おそらく現在は地球防衛軍4を作っており、それを楽しみにしているが
スクリーンショットの1枚すら出てこないので情報の公開が楽しみだ
ゲームハードもこれからWiiUやPS、Xboxの次世代機と出るようですし
現状でも3DS、PSVitaとあり
これらも独特なハードの売りがあるため
それらを使った面白いゲームを作ってくれることを願う
Raptr Forum Signature
プロフィール

uni0207

Author:uni0207
HN:うに

主にゲームではRPGを好む
最近はJRPGだけでなく
WRPGなども毛嫌いすることもなく
雑食的に楽しめているゲーム好き
ブログについて

最新記事
最新コメント
ツリーカテゴリ
月別アーカイブ
お気に入りサイトRSS
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
CustomCategory
TweetsWind
TweetsWind
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。