評価の高い海外産RPGを遊ぶ Pllars of Eternity & Divinity Original sin Enhanced Edition

まとまった休みが取れたのでシッカリしたゲームを遊びたく思い、ここ数日はタイトル通りのゲームを遊んでいるのだけど、やはり海外で特に海外で評価が高いゲームというのは面白いものが多い。

どう面白いのか、具体的にいうならばメリットとデメリットの使い分けや、攻略の横の広がりが面白い。

日本のゲームでは基本的に強くなっていけば一方的に強くなっていくものも多く、いうなれば無双状態であったり、デメリットなく強化されていく技やステータスを強化して遊んでいくということを楽しむ傾向が強く感じている。もちろん小さいころから日本のゲームで育っているわけですので、それも面白い理由なのですけど、ここ数年の個人的な嗜好としてはメリットデメリットの使い分けがいいゲームであると特に面白く感じる。

こっちが立てばあっちが立たずという状態がゲームとして思考を楽しむ機会を与えてくれている。

レベルの上限が低い事や、敵が有限であることがより思考させることを強くしている。この要素も10年前に初めてPCのRPGであるBaldurs Gateに触れたときは”ありえない”なんておもったものだけど、考えというものは変わるものだ。

攻略の幅の広さというのは私のゲーム感ではとても重要な要素を占めており、むしろこの要素があれば面白いなんて太鼓判を押すのは間違いない。たとえばDivinity Original Sinであれば、敵に発見されたらターン性の戦闘モードに入るわけですけど、バレなければその間やりたい放題なので、環境を使って敵をめちゃくちゃにすることも可能だ。敵の視界を奪ってからそこらへんにある火薬樽に火をつけて爆発させて倒してしまう、またその前に油をまいておけばより広い範囲の敵に影響を与えることができる。

または、火の海が戦場になりそうな場合は、火を踏んでしまうとダメージを受けてしまうので空中に浮遊する。(これは日本の某ファンタジーなんかでもよくあるけど)しかし、それだけでなく、あらかじめ雨を降らせたり、水を撒くことで火を消すことができる。考えただけでワクワクするような戦闘が展開できる。

Pillars of Eternityはというと、こちらはクラシックなタイプのRPGなので、Divinityほどの環境を使った戦いという自由度というのは低いかもしれないけど、相変わらずリアルタイム戦闘という事で時間を止めては思考し、上記のターン性にない魅力がある。後衛が狙われた場合は、後衛を移動させつづけることで敵の誘導をし、前衛の手助けをするといった事も可能。

Pillars of Eternityはキックスターターなどで資金を集め、実現されたRPGであり、尚且つ評価も高いことや、Divinityはシリーズものでありますし、早くも2の制作が決定していますから、今後もこういった素晴らしいシステムを搭載したRPG達が出てくる事はとても喜ばしいことです。
スポンサーサイト

人生をやりおすべきかという選択 Life Is Strange

不満だらけの先週から一変して、満足のいくゲームを遊ぶことができた。以前より遊んでいたライフイズストレンジでありますが、これをクリアした。なんとも噂に違わぬ、評判通りの素晴らしい作品でして、全5チャプターから構成されているのですけど、4くらいからは怒涛の展開により、最早中毒状態に。

このゲームは時間を巻き戻す能力を得た主人公が活躍するゲームであり、過去にもそんな作品で名作は数多くありますけど、例に漏れずこの作品もそこに入ってもいい作品だろう。やはりこのゲームでしか出来ない体験をするというのはとてもいい。過去をやり直し現在を構築していく、映像作品でも数おおくあるとおもいますけど、能動的にできるのはゲームならでは、やはりこの非現実体験をできるゲームは素晴らしい。

一応過去に戻るというか過去の自分を見るのは光の速度を超えて動いて元いた場所を見れば見える、という理論的な話があるらしいけど、それは過去のやり直しにはならないだろう。

ミステリーを解決する話と、ディザスターを解決する話を主軸に置きながら話は展開されていくけど、すごくわかりやすく綺麗にまとめられており、あれはどうなったんだ?という、置いてけぼりをくらうことなくとても楽しめた。そのぶん考察の余地などがないのかもしれない。

以前書いた部分で話の大筋が変わっていくのかもしれないと書きましたけど、おそらくそれはないようで、話の大筋はほぼ同じく、細かいところで少し話が変わっていくというような感じだった。基本的に趣くままに選択肢を選んできましたのでバッドエンドみたいになるのかな、とも思いましたがどうにか普通にエンディングを迎えられた。

今後も良作として心の中に残っていくだろう作品となった。

WS000017_201604101554537e4.jpg
唯一の欠点はブヒれないところ。しかし、そんな問題は些細だ。

Ep2は短めに、その分濃度は濃い Life Is Strange

Ep2の時間切れをクリア

Ep1では話のはじまりを描く必要があったからか、5時間くらいのボリュームがあったみたいだけど、Ep2は2,3時間といった感じで終わった。ただ濃度が全然違った。そのため面白さではEp2のほうが遥かに上というものだろう。

主人公のマックスが時間をさかのぼる能力を使うたびに疲弊し、鼻血が出るというような異常があらわれてきたこと、その能力を使って何かを変えようとする友人Cが申し出てくること、話の流れにアクセルがかけられだした。

Ep1では話の大まかな流れは変わらないだろうけど、Ep2では早速Ep1で選択した行動がEp2の中で反映されてきたため、人によっては大きく変わるのではないか、ということだ。あくまで予想でしかありませんが。Ep1では友人Cの非行を自分の責任にしたため、友人Cの親から責められるし、ものすごく大きなものとしては友人Kの件についてだ。

さすがに友人Kの件は分岐しているのかどうかもわからない。こんなことが起こってしまうとこれからの話が変わりすぎてしまうのではないか、とついついゲーマー目線で考えてしまうからだ。変わってくれるならそれにこしたことはないけど、今後辻褄があうのかが心配になるイベントである。

このゲームではすでに大きなイベントがいくつもある。
町を壊す勢いで襲う竜巻はなんなのか、季節外れの雪が降る異常気象とは、なぜ時間が巻き戻せるのか、突然起こった日食はなぜ、嵐の夜に度々戻るという現象は、冒頭から行方不明のレイチェルはどこにいったのか、何をされたのか

謎が謎を呼ぶストーリーになってきた。しかし、とてもわかりやすい進行の為把握がしやすい。

WS000014_20160319135245584.jpg

とりあえずEp1クリア Life is Strange

steamで以前からリリースされており、以前から安かったもののPS4版が発売になったことにより、日本語音声DLCが無料で尚且つ、発売の週にセールをするという暴挙に出たこの作品。1000円ちょっとで買う事が出来た事になる。

海外産のADVゲームでも面白いものは沢山ある。その中で群を抜いているのがPS3にて発売されたHEAVY RAINだ。選択肢はさまざまあり、話の受け答えだけではなくどうアクションするかによってシナリオが変わっていくものだった。この作品PS4でもリファインされリリースされるようなのでまた遊びたいとおもっていたところでいいしらせだった。

さて、本題のライフイズストレンジも上記と同様にADVである。ある日時間を巻き戻す能力を手に入れた少女マックスを操作し、話をすすめていく。時間を巻き戻すことで失敗をやりなおしたり、仕掛けを解いて話をすすめていく。途中、この選択がこの後の展開を決める…旨の警告が出て、友達に怒られたり、お礼をいわれたりと変化する。何周かすることで、その違いが今後どうなるのかはわかっていくのだろうけど、とりあえず今は思うままにすすめていくことにしよう。

Ep1をクリアした現在まででは、今後の話がどうなっていくのか楽しみだ。という感想だけになるわけですけど、話の面白さはどうやら好評なようで、安心して続きが遊べるというものだ。そして面白いのは選択した行動がその他のプレイヤーとの比較結果がでるもの。WS000013_20160313171521f24.jpg


ちなみにEp5まであるようなので、そこそこボリュームがありそうだ。
WS001886.jpg
WS001890.jpg

パニックホラーすぎて声が出る Dying Light

今、steamがハロウィーンセールを行っており、例にもれず何かしら購入ということで、GTA5とDying Lightを買ってみた。GTA5はちょっとプチフリーズが発生し、プログラム的なエリアの切り替え?時にうまく読み込まれておらずフリーズするので放置して、実は発売はかなり楽しみにしていたDying Lightをプレイ。

発売前のトレイラーなどで期待していたけど、発売時に買わなかったことを後悔するほどの楽しさだ。それなりに有名なゾンビゲームは遊んできたけど、今の時代になってゾンビゲームの巨塔バイオハザードの1、そして1のゲームキューブリメイク、その当時のような興奮を感じている。正直溢れかえりすぎて、怖さなどなかったゾンビゲームだけど、DyingLightは「うおっ」と声を出してしまうほど。

というのも雑魚、という印象が強いゾンビゲームの中で当ゲームは強敵、殴っても殴っても死なない強さ。おまけに武器の耐久とか、攻撃が痛いとか、そんな要素が色々と混ざりあうことでゾンビを相手にするには対少数が好ましい。

だが、弱点がある。ゾンビは高いところにのぼってこれないというところ。主人公はパルクールができる超人のような人間なので、このゲームは高いところをピョンピョン飛び跳ねながら、探検するゲームとなっている。だから基本的にゾンビを見つけても高いところにのぼってやりすごす。

しかし、例外があり、たまに襲ってくるゾンビは走りながら襲ってくることがある。走る上に高所にもよじ登る。逃げ道は安全地域のみ。超絶な感覚で感知し、襲ってくる。そして夜。ゾンビは強力になり、視界も悪くこわい。本当に怖い。あと、個人的な環境で、サラウンドなので後ろのほうからグチャ、ニュルニュルルルとか、グアアアア!とか聞こえてくるとものすごく怖い。

下の動画はあまりの怖さにミスしまくっている私のプレイ動画。おいかけてきているところは実は声出してます。途中でジャンプして足場がなくてダメージ受けてるところなんて冷静な判断できていません。


動画ではわかりやすいと思うけど、とにかく操作している間は成長し続けるというところもいい。ジャンプしてよじ登るだけでも運動スキルの経験値が入るし、敵を一回殴るだけでも経験値が入る。そしてスキルを取得していく。

もっと遊べる時間があればガッツリ取組みたいところ。
NEXT≫
Raptr Forum Signature
プロフィール

Author:uni0207
HN:うに

主にゲームではRPGを好む
最近はJRPGだけでなく
WRPGなども毛嫌いすることもなく
雑食的に楽しめているゲーム好き
ブログについて

最新記事
最新コメント
ツリーカテゴリ
月別アーカイブ
お気に入りサイトRSS
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
CustomCategory
TweetsWind
TweetsWind