有志に感謝 Kingdoms of Amalur日本語化

少し敷居は高いけど、やることは2stepなので簡単だった。
基本的にはハックアンドスラッシュタイプだったのでストーリーはわからなくてもスキルの効果やゲーム自体を楽しめればいいと思いgamazavrでDragonAge2とセットで200ルーブルで購入したものだったけれど、ストーリーも面白いらしいのでありがたい。最初からやり直しながらやってみようかと思う。
しかし、それはいつになるかがわからないのが、困るところだ。

WS001080.jpg

WS001127.jpg
WS001084.jpg
WS001098.jpg
WS001121.jpg


スポンサーサイト

せっかく買ったので日本語版CS発売前にやっておく Kingdoms of Amalur

先日gamazavrのEAセールにおいて数百円で購入したKingdoms of Amalur(以下KoA)
数日後には日本語版のCS版が発売されるということで
それが発売してからではせっかく先行で海外版を購入したのも勿体無い。
ということで、早速遊んでみました。
以前PS3版で体験版をプレイ済みであり、その体験版では冒頭の1時間分くらいは遊べるので
そこらへんのところはそちらのレビューがありますので、省かせてもらいますが
すごいゲームがやってきた!Kingdoms of Amalur体験版

今回は女性キャラを作成して開始してみました。


意外と見た目のいいキャラが作れるのはプレイする上でのモチベーション維持に繋がります。

このKoA、どんなゲームかというと
俯瞰視点でオープンワールドの世界を冒険するARPG。
分類的にはTESシリーズ等のゲームに分類されるとおもいますが
大きく違うのは、そのARPGにおけるアクション性。
これが非常に高くなっており、TESシリーズのような冒険や探検がメインで
戦闘が単調でつまらないといったタイプではない。
寧ろ戦闘をメインに扱っているタイプのゲームといえるだろう。

ゲームの戦闘部分はデビルメイクライや、ゴッドオブウォーのような
簡単な操作で派手なアクションができる3Dアクションゲームの感覚で戦うことができる。
それらに近い点としてLVupによりポイントをふりわけ
更に派手なアクションをゲットしていくといった成長要素をもっている。
おそらくアクションゲームではなく、あくまでRPGなので
全部のスキルを自由にパワーアップさせることは不可能だとおもうが
ひとつのタイプに絞れば大方のスキルは取得できるのではないだろうか。
ちなみに私はローグタイプでいくと考え、ダガーやツインブレイドのような
一撃の火力は低いけど、動きが流麗で気持ちのよいタイプで育てると決めた。
他にはパワータイプのハンマーや、ロングソード
魔法タイプのビルドなどさまざまなパターンが作る事が可能。

プライマリーウェポンとセカンダリウェポンの切り替えは簡単で違うボタンを押すだけ
今までダガーで殴っていたが、違うボタンを押せば杖での魔法攻撃といったように
瞬時に攻撃は切り替わるので、ふたつのパターンでビルドしていくのが理想だろう。

ちなみにコントローラーが用いれますので
私はmotionjoy Gamepadを使ってPS3コントローラーを使っていますので
□でダガー、△で杖という感じになっている。
寧ろこのタイプのゲームをキーボード+マウスで操作するのはかなり疲れることでしょう。

やはり体験版で感じたボリュームといったところは膨大そうで、3時間ほどプレイしても
まだ最初の街の周りをグルグル回りながらクエストなどを消化している現状。

オープンワールドといえば自由度だが、そういったところではこのゲームは薄いのかもしれない。

たとえば、こういった対岸に敵がいる場合
戦術の自由度が高いゲームならば、遠くからチクチクと攻撃して殲滅するなどの選択もあるだろうが
弓などがとどかないため、基本的に正面突破しか方法はない。

ストーリーによっていけるところも限られているので
最初からどこでもいっていい、というようなゲームを期待する人にはダメなのかもしれない
いわば、あくまで開けたフィールドを探索しながら
高いアクション性を持った戦闘システムを楽しむゲーム、ということになる。
勿論人の目につくところでモノをとれば盗みといった判断もされるし
見えないところだと大丈夫、というように定番な要素も多々ある。
忘れてはならない重要な要素はトレハン要素だろう、このゲームはdiabloのように
同じアイテムでも効果が違ったりすることがありますので、剣を使っていても
どんどん効果の違った剣に鞍替えして進んでいくのも楽しめる要素だろう。

とりあえず遊んだ感じでも相当にできのいいのがわかる。
CS版を購入予定の人は間違いなくアタリを引くことになるでしょう。
勿論期待していたゲームと違うというのなら別ですが。

すごいゲームがやってきた!Kingdoms of Amalur体験版

すこし前から話題になっていて
最近steamやPSN、XBOXliveでも体験版が配信されているようですが
すごいゲームがやってきました
そのゲームはタイトルの通り
Kingdoms of Amalur

どんなゲームなのかはスクショとともにお伝えしていきましょう

基本的な操作はPS3ですが
×でダッシュやアクション
○で回避
□でメイン武器での攻撃
△でセカンダリ武器での攻撃
R1をおしながら各ボタンでアクションスキル
L1で盾をもっている場合ガード

まぁよくあるアクションゲームといえばいいでしょうか
WS000015_20120123231007.jpg
WS000023.jpg
相変わらずの洋RPG
キャラメイクでサラサラヘアーイケメンや
プリティーな女性は作れません
なのでゴツイキャラで作成
WS000054.jpg
攻撃するとRPGらしくダメージ表示
そして倒すとEXPがもらえます
勿論レベルアップします

レベルアップをすると
WS000047.jpg
WS000043.jpg
洋RPGをプレイしたことのある人ならよく見る
そして好きな人なら垂涎ものの画面
スキルツリーでキャラビルドを行いながらすすんでいくようです

WS000063_20120123231754.jpg
武具の装備箇所は非常に多い
確認できただけで
頭、体、腕、腰、足、盾、アクセサリ左右の装備箇所を確認できた

WS000056.jpg
WS000059.jpg

洋RPGでは定番?の
会話選択
ちなみに何の会話をしているのかは全然きいていませしわかりません

WS000109_20120123231753.jpg
アクションRPGに分類されるため
アクション要素が非常に強く
気配を消して(R2)近づき
バックスタブを
WS000110.jpg
決めることも可能

WS000135_20120123231752.jpg
さまざまな敵と戦いながら
感覚的には非常にゴッドオブウォーや
デビルメイクライに似た操作感覚
ボタンの押すタイミングなどで打ち上げや
技が変わったりもします

そして進んでいくとボスとの戦い
WS000185.jpg
ちなみに最後はVPのニーベルンヴァレスティみたいな技でフィニッシュします

WS000193.jpg
ボスを倒すと外へ、自由な冒険です
洞窟内はあくまでチュートリアル
とりあえずマチがありますが
近所には洞窟もあり、特にクエストに関係のない洞窟などに入って
敵を狩ることもできるようです

WS000198.jpg
レベルアップすると
上でのスキルへのポイント振り分けのほかに
キャラクターのアビリティといいますか
鍛冶や、調合などの得意分野にポイントをふっていまきます

マチにはいろんなスポットがあり
WS000319.jpg
敵や道端からのドロップ品から装備やアイテムが作れるようです

クエストを受けて敵と戦っていると
紫色のゲージがたまっていきます
これはアクションゲームでよくある
パワーアップゲージみたいなもので
発動すると周りの時間がとまって無双状態になれます
WS000277.jpg
u/n/i/uni0207/WS000365.jpg" target="_blank">WS000365.jpg
WS000443.jpg

フィニッシュ技みたいなのも存在します
WS000276_20120123233508.jpg

WS000369.jpg
いい防具を発見!
スロットがあります
おそらくこのゲームでの
マジックアイテムでしょう、スロットに何をいれるか
防御力をあげるか、攻撃力をあげるか
楽しみなところです

WS000392.jpg
途中バグに何度も遭遇しました

宝箱はノーマル宝箱とマジックチェストがあるようです
ノーマルはエルダースクロールシリーズよろしく
WS000474.jpg
ロックピックであけますが
マジックチェストは
WS000465.jpg
ちょっとしたミニゲームみたいなものでしょうか
ミスって爆発して毒状態になりました

ここまでで、なんでもありの
アクションRPGだというのはわかっていただいたとおもいますが
そのボリュームもすごそうです
1時間程度でのプレイで探索しきれていない
(途中にあるダンジョンなどをスルーしつつも)
WS000502.jpg
これだけの道のりをきました

WS000504.jpg
それがワールドマップではこれだけ

スクロールすると
WS000557.jpg
WS000558.jpg
WS000559.jpg

とまぁ。。。とんでもないボリュームな感じがします

感触としては日本のゲームにたとえるなら
デビルメイクライのアクションに
FF12のような有る程度の自由度のある探索がおこなえるRPG要素に
ファンタシースターオンライン系列のトレハン
モンハンのような素材ゲー
それをゴチャマゼにしたようなゲームでした
それらがすべて下手にまざっているのではなく
うまくまざっています

これは発売が楽しみでしょうがありません



Raptr Forum Signature
プロフィール

Author:uni0207
HN:うに

主にゲームではRPGを好む
最近はJRPGだけでなく
WRPGなども毛嫌いすることもなく
雑食的に楽しめているゲーム好き
ブログについて

最新記事
最新コメント
ツリーカテゴリ
月別アーカイブ
お気に入りサイトRSS
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
CustomCategory
TweetsWind
TweetsWind